焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

11日に坂路での初時計をマーク。動き自体はマズマズも、疲れがドッと出てしまう前に一息入れることに。

f:id:yakifish:20200513050027g:plain グラストンベリー

8月11日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。まだ全体的に良化途上の面を窺わせており、今後は近日中に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して秋のレース出走へ向けてリフレッシュを図ります。

○藤岡調教師 「8月11日(水)は55-40の時計。動きについては悪くありませんが、緩さの窺える現状で進めると暑さに参ってしまいそうです。ゲート合格後の一区切りが付いたタイミング。近郊の育成牧場でリフレッシュを図り、秋のデビューを目指すのが妥当でしょう」

≪調教時計≫
21.08.05 助手 栗東E良  13.6  ゲートなり
21.08.11 助手 栗東坂良1回 55.1 40.3 26.3 13.0 馬なり余力 ワイドエンペラー(古馬1勝)馬なりに0秒4先行同入

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート試験に合格したグラストンベリーは11日に坂路での初時計をマーク。サラッと伸ばした程度ですが、動き自体はマズマズ。意外と最後まで食らい付いてくれたかなと思います。

ただ、現状は緩さが残り、体力不足が否めないことから、クタッと疲れが出てしまう前に一息入れて成長を促すことに決定。妥当な判断だと思いますし、まずは入厩してからの疲れ・ストレスを解消させることに努めてもらい、その後は秋競馬でのデビューへ向け、着々と心身の成長を促し、動きの質を高めていって欲しいです。