焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

土曜日(8/14)の出資馬・出走記事(簡潔版)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain スノーグレース

土曜新潟5R メイクデビュー新潟 2歳新馬(芝1600m)3枠6番 丸山J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:11日に南Wコースで時計

中舘師「その後は6日に南Wコースで単走で長めから時計を出しましたが、軽快な脚取りで最後まで走れていました。11日にも南Wコースで単走での追い切りを行い、ハロー明けで走りやすい馬場状態ではあったものの、馬なりのまま楽な感じでゴールまで走り切ることが出来ていました。息遣いもしっかりしていて中身も出来ていますし、涼しい時間帯を選んで調整していることもあり、暑さにバテてしまうようなこともありません。この感じであれば、今週の競馬に向かっていっても大丈夫だと判断し、14日の新潟・芝1600m戦に丸山元気騎手で投票させていただきました。調教での動きに言うことはなく、除外の影響は感じさせませんし、新潟競馬場への輸送を上手くこなせれば楽しみはあるはずです。あとは無事に競馬に向かえるよう、最後まで気を引き締めて調整していきます」(8/12近況)

助 手 6南W良 88.9- 71.1- 55.4- 39.8- 12.0 馬なり余力 ビービーラノビア(古馬1勝)馬なりの外0.8秒先行同入
助 手 11南W良 72.5- 56.1- 40.9- 12.7 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト

土曜新潟9R 湯沢特別(芝1800m)7枠7番 戸崎J

・在厩場所・美浦トレセン
・調教内容:11日に坂路コースで時計

宮田師「11日に坂路コースで追い切りを行いました。本来は併せ馬を行うことも検討していたのですが、誘導してもらう予定の馬が引っかかり気味でしたので、それに付いて行くとオーバーワークになりそうでしたから、最終的には単走で終えています。先週の南Wコースでの動きを改めて映像で見てみると、少し体が伸びきっているような感じでしたので、今週は体を起き上がらせる狙いから坂路を選択しました。上手く体のバランスは取れていたかなと思いますし、先週よりも調教後の息遣いが良かったですね。レース当該週に坂路コースで追い切りを行うのは初めてだったのですが、この過程が良い方へ向いてくれればと思います。また、レース当日の天気予報が少し心配ではあるものの、気温に関しては先週よりも下がるようですし、暑さにあまり強くないタイプなだけにこの点は良い傾向だと思いますよ。前走があまりにも不甲斐ない競馬となってしまったので、今回は1ハロン距離延長で巻き返しを期待したいですね」(8/12近況)

草 野 8美坂重 57.5- 42.2- 27.5- 13.7 馬なり余力
助 手 11美坂良 53.4- 39.2- 25.4- 12.3 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ

土曜小倉10R 柳川特別(芝2000m)2枠2番 川田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日に坂路コースで時計

杉山晴師「先週、長めからしっかり負荷を掛けて時計を出しているので、11日は小倉競馬場までの輸送に備えて、疲労が残らない程度に時計を出しています。全体が54.3秒で、ラスト1ハロン12.4秒と、終いの動きはしっかりとしていて良かったですね。前走と比較すると大きな変化こそないものの、コンディションや動きは高いレベルを維持していますし、体に張りがあって春先より逞しくなってきました。トレセンで進めている限り、落ち着いて調教に取り組めているものの、前走は返し馬の段階から煩いところを見せてしまったように、競馬場に行くとテンションが高くなり易いので、今回はメンコを着けるなどして対処したいと考えています。明日から週末にかけて雨予報が続いているだけに、レース当日の馬場コンディションが気になるところですが、開幕週の馬場だけに、極端に降りさえしなければ対応してくれるはずです。実績のある小倉競馬場なら、2勝クラスでも好勝負が期待できると思っています」(8/11近況)

助 手 8栗坂良 58.5- 42.3- 27.0- 13.0 馬なり余力
助 手 11栗坂良 54.3- 38.7- 25.0- 12.4 末強め追う

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド

土曜新潟10R 新発田城特別(芝1400m)1枠1番 津村J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:11日に南Wコースで時計

手塚師「11日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はドゥラモンドが追走して、直線で内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。中2週で再び新潟競馬場までの輸送もこなさないといけないので、無理せず馬なりのままで終えていますが、ラスト1ハロンは11.7秒をマーク出来ているように、動きはしっかりとしていて良かったですね。今週のレースに向けて状態はキープ出来ていると思いますし、津村騎手も続けての騎乗で上手くエスコートしてくれると思います。前走は決してスムーズな競馬とは言えない中で、勝ち馬と同タイムの3着と力は示してくれましたし、同じ条件で走る今回はさらなる前進を期待したいところです」(8/11近況)

津 村 11南W良 85.2- 68.1- 52.5- 38.0- 11.7 馬なり余力 ジュニパーベリー(古馬3勝)馬なりの内0.8秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~* 

土曜日(8/14)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。※いつもより簡潔に書かせて頂きます。

スノーグレースはハミを着けようとした際に暴れて、顔を壁にぶつけてしまい、外傷性の鼻出血を確認。それに伴い、デビュー戦を競走除外になってしまいました。個人的には嫌な流れを断ち切るために秋の東京あたりで仕切り直しをして欲しかったのですが、順調に回復が進んでいたために中舘師は続戦を決定。

追い切りの動きは引き続き良好ですが、3週間で2度の新潟遠征は楽ではないですし、目に見えない疲れ・ストレスを抱えていそう。ですので、今回に関しては、結果がどうこうよりも、まずは無事に走り終えてもらえればと思います。追い切りのフットワークから能力があるのは間違いありませんから。

セラフィナイトはもっと上のクラスを目指せる馬だと思っていますが、元々息遣いが良くない方ですし、暑さにも弱いところを覗かせています。ですので、夏場はじっくり充電がベストだと思いますが、宮田師はそういう特徴を分かっていながら、レースに使うことを選択。また、今回は少し目先を替える意味で芝1800mへ。個人的には短い距離により適性を秘めていると思っているので、この挑戦は不安な気持ちが大きいです。

ただ、ここは9頭立ての少頭数。レースはしやすいと思いますし、雨の中での競馬が濃厚。道悪はプラスではありませんが、涼しくなるのは好都合。新潟の芝は水はけが良いので、泥んこ馬場になってもそこまでパワーは要求されないのかなと見ています。また、今回は戸崎Jとの初コンビ。これは魅力的なので、勝てなかったとしても、馬券に絡む走り・競馬は見せてくれるかなと見ています。

アリーヴォは昇級戦となりますが、元々相手なりのタイプですし、出走と放牧を繰り返しながら、着実に力を付けてくれています。また、引き続き川田Jが跨ってくれるのも心強いです。ただ、トビの綺麗な馬でどちらかというと非力な方。良馬場の方が期待できるのは間違いありません。それに対してライバルの1頭となるシルク馬・ソニックベガは道悪が上手なイメージがあるので、目標にされてしまうと分が悪そう。

まあ、アリーヴォ自身はいずれはOPまで出世できる馬だと見ているので、悪天候の中でパニックに陥り、自滅するような敗戦だけは避けてもらえればと思います。勿論、好結果が付いてきてくれるものと信じていますが、『勝たないといけない!』というほど力んだ感じもありません。

ドゥラモンドは相変わらずスタートが遅いのは課題ですが、前走では初距離の芝1400mに難なく対応。道中の不利と最後は決め手の差が出た感じですが、僅差の3着なら上々。

今回は中2週のローテで再度の新潟遠征となりますが、クタッとした感じはないですし、多少馬場が渋っても対応できる馬。むしろ他馬の切れ味が削がれるという面では歓迎かもしれません。津村Jとも手が合う印象があるので、コンビ2戦目となる今回は悪くても前走に近い着順・内容の走りは見せてもらわないと。そして慣れが見込めるなら、ここで久々の3勝目を掴み取って欲しいです。