焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳牡馬・本州牧場組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カシオン

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「先週こちらに入場してきましたが、環境の変化に少し戸惑ってしまった面があるのか、馬房内で右トモの管の外側に外傷を作ってしまいました。程度としては酷いものではないので、現在はトレッドミルでの軽めのキャンターを行っており、今後も状態に合わせて進めていければと思います。馬体重は470キロです」(7/16近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター

天栄担当者「右トモの外傷については、トレッドミルで動かしていても特に問題はなかったので、今週半ばから坂路コースで軽めのキャンターを行っています。動きの良し悪しは、まだペースが遅いので何とも言えませんが、それよりも普段から気性的にソワソワしたところがあるので、もう少しドンと構えられるようになってきて欲しいところです。馬体重は475キロです」(7/23近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は坂路コースでのペースを上げており、ハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。ペースアップ後もこれくらいであれば、大きな問題なく対応することが出来ていますね。ただ、気性的には少し難しい部分がありますから、よく気を付けて調整していきたいと思います。馬体重は484キロです」(7/30近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラシックステップ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

調教主任「こちらで状態を確認したところ、ゲート試験まで進めた疲労は軽く、飼い葉もよく食べていたことから、今週から乗り運動を開始しています。現在は周回コース主体のメニューで進めていますが、週末から坂路にも入れて乗り込みを強化していきます。まだ全体的に幼いところがあるので、帰厩の声が掛かるまでしっかり乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は498キロです」(7/16近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路にも入れています。乗り込み量を増やした後も、馬の雰囲気は変わりなく、元気いっぱいに調教に取り組めていますよ。暑さの影響を受けることもなく、飼い葉をよく食べていますので、今後はより負荷を強めたメニューに切り替えていきたいと思います。馬体重は497キロです」(7/23近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。負荷を強めた後も問題なく対応しており、運動後も疲れを見せることなく、良い雰囲気を保っています。飼い葉をよく食べて良い状態を維持していますし、この調子で更に負荷を強めながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は499キロです」(7/30近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain インディゴブラック

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

調教主任「先週いっぱいは軽めの調整でコンディションを整えていましたが、目立った疲労が見られなかったことから、今週から乗り運動を開始していました。ただ、13日の調教中に何かに驚いて尻もちをついてしまいました。幸い何事もなく、軽度の打撲とのことでしたが、今週いっぱいは念のために軽めの調整に控え、状態に問題なければ、来週から乗り出していきたいと考えています。馬体重は512キロです」(7/16近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、トレッドミル

調教主任「その後は打撲の影響もなく、獣医師から乗り出しても問題ないと許可を得たことから、この中間から周回コースで乗り出しています。キャンターの感じから、特に気になるところは見られないですし、この調子なら坂路に入れても問題なさそうです。また、体調面も暑さの影響を受けることなく、良いコンディションを保っていますので、この調子で進めていきたいと思います。馬体重は518キロです」(7/23近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒、トレッドミル

調教主任「乗り出した後も問題なく進められていましたので、この中間から坂路にも入れています。現在は週2回坂路でハロン17秒の調教を行っていますが、打撲した箇所はスッキリしていますし、この状態ならもう心配ないでしょう。今の感じなら負荷を強めても問題ないでしょうから、ハロン15秒の調教に移行していきたいと考えています。馬体重は507キロです」(7/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート試験に合格するも、体力を図るために行った15ー15の調教が動けなかったカシオン。その後はNF天栄で鍛え直しが伝えられるも、馬房内で右トモの管の外側に外傷を作るアクシデント。何かの拍子に驚いた際のキズかなと思いますが、ひとまず深刻なものでなくてホッとしています。ただ、気性面で一癖・二癖を隠し持っている感じなので、気持ちが悪い方へ向かないように丁寧に接していってもらえればと思います。

NFしがらきへ戻ってきたクラシックステップですが、ゲート練習・試験のダメージは少なく、カイ食いも良好。状態面の不安が見受けられないことから早速乗り出しを開始していますが、着実にステップアップ出来ています。また、走りには良いモノを持っていると思うので、精神面の幼さ・課題も着実にクリア(解消・改善)していって欲しいです。

インディゴブラックはNFしがらきへ移動後、回復を促してきましたが、13日の調教中に何かに驚いて尻もちをつくアクシデント。幸い、軽度の打撲ということで大事には至りませんでしたが、1週間ほど楽をさせる形に。その後はスムーズに乗り出していますが、急ぐ必要はないので、ハロン15秒の調教を課す前に馬体の幅・ボリュームアップに努めてもらいたいです。