焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

トレッドミルでの負荷を高めていくと腰の甘さが目立つように。その結果、腰痿(通称:腰ふら)の診断が下り、28日にJRAの競走馬登録を抹消しています。★クレッセントムーン


f:id:yakifish:20200513045835g:plain クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレーバー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルでキャンター、ダク

担当者「この中間からは予定通りキャンターを開始しています。まだ一番ゆっくりとしたペースではあるものの、負荷を掛けて体が絞れてきましたし、今のところ腰の状態は特に変わりませんね。これからペースを上げていきますが、一歩ずつ階段を登るイメージで慎重に進めていきたいと思います。馬体重は504キロです」(7/9近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルでキャンター

担当者「この中間もトレッドミルでキャンターを行っています。腰の甘さが多少はあるものの、それが影響して歩様を乱すようなことはありませんし、じっくりと良化を待ちながら進めてきたことで状態が上がって活気も出てきました。馬体重は516キロです」(7/16近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルでキャンター

担当者「先週と同様にトレッドミルでキャンターを行っていますが、この中間にペースアップすると腰の甘さが目立つようになってきましたね。やはり踏ん張りが利かずに力が抜けているような感じです。そこで、獣医師に診てもらったところ『今の状態で進めても良化の兆しは見えませんし、再起は難しい状況と言わざるを得ませんね。能失の認定を受けてもおかしくないくらいですから、その方向で保険会社とも調整中です』との事でした。馬体重は522キロです」(7/23近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

保険会社指定の獣医師と協議を進めてまいりましたが、今後の診療の目途が立たず再起は難しい状況と判断され、腰痿(通称:腰ふら)の診断が下りました。誠に残念ではございますが、28日に競走馬登録抹消の手続きを行わせていただきました。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。(7/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

7月に入り、ウォーキングマシンでの運動からトレッドミルでの運動へ移行していたクレッセントムーン。この中間からダク⇒キャンターと負荷を高めてきたところ、腰の甘さが再発。踏ん張りが利かなくなってしまったので、獣医師に改めて診てもらったところ、『再起は難しい』とのジャッジ。その結果、腰痿(通称:腰ふら)の診断で競走能力の喪失が認定されました。

正直なところ、腰に力が入らなくなった段階で復帰が困難なのは分かっており、ここまで引っ張ったのはちょっと残念ですが、少ない可能性に尽してくれたと思いたいです。

5歳ながらキャリア15戦と大事に使われてきましたが、手前の替え方が下手であったり、時計面での限界があったりと壁を打ち破ることが出来ませんでしたが、背腰やトモに他馬よりも弱さがあったんでしょうねえ。まあ、その中でも3勝を上げたことはむしろ立派といえるかもしれません。今後はおそらく乗馬に転じると思いますが、少しでも良い余生を過ごせることを願うばかりです。お疲れ様でした。