焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

東サラなお馬さん(2歳馬)

f:id:ytitle= レッドブレンナー

21.07.15
吉澤ステーブル

馬体重:474キロ
終い1ハロンを13秒で駆け上がってくる強めの坂路調教のほか、芝コースにおけるキャンターなどをおこなっています。相変わらず動きは軽やかで、徐々に力強さも加わってきました。いっときカリカリとしていた時期もありましたが、現在はとても落ち着いていて、騎乗時の操縦性も向上しています。飼い葉喰いが良好な点も強調材料。暑い時期を避け、秋口に入ってからの本州移動を考えています。

f:id:yakifish:20200825181938g:plain レッドデクスター

21.07.15
社台ファーム

馬体重:483キロ
週3日坂路に入り、ハロン14秒ペースを含み、2本時計を出す日、登坂後に周回ウッドコースに向かい、長めのキャンターをおこなう日を交互に設けています。まだ、左前肢の捌きに硬さも見られますが、鞍上の指示に鋭く反応出来るようになり、走りの力強さも増してきました。7月中の本州移動も視野に乗り込みを重ねている状況。馬体面を含め、確実に成長していることは間違いありません。

2021.07.20
明日(水)社台ファームを出発し、テンコートレーニングセンターを経由して明々後日(金)栗東橋口慎介厩舎に入厩する予定です。

f:id:ytitle= レッドカロス

21.07.15
社台ファーム

馬体重:505キロ
坂路に入り、2本時計を出す日、登坂後に周回ウッドコースへ向かい、長めのキャンターをおこなう日を、交互に設けています。また坂路では、3ハロン42秒台のタイムも出しています。走りには柔軟性と力強さがありますが、まだまだ余裕もありそうで、さらなるペースアップにも十分に対応出来るはずです。メリハリが効いてくるなど、馬体面も確実な成長を示しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブレンナーは疲れを覗かせることなく、入念な乗り込みを継続。動き自体も悪くないようです。また、少し煩いところを見せた時もあるようですが、今は落ち着きを取り戻していますし、ピリッとしたところがあるのは短距離馬にはむしろプラス。今後も前向きさを促しながら、質の高い動きを身につけて行って欲しいです。

デクスターは相変わらず左前脚の捌きに硬さは残るも、調教前にはしっかり解してもらえればと思いますし、調教後はしっかりケアを行っていって欲しいです。また、装蹄等で負担が軽減できるようなら対応を感じても良いのかなと思います。そして7月中の本州移動の話が出ていましたが、21日に社台ファームを出発し、福島のテンコートレーニングセンターで1泊し、23日に栗東・橋口厩舎へ入厩することになりました。移動するにしても山元トレセンだろうなあと思っていたのでちょっとビックリでしたが、東サラでは初めての入厩なので、まずは順調にゲート試験合格まで進めてもらえればと思います。

カロスは少し馬体を持て余しているところがあると思いますし、バランス面では一息。まずはコツコツ乗り込みながら無駄肉を削いでいく必要があります。それでも動きに関しては前向きさがあり、気持ちと体が噛み合ってくれば、良い動きを見せてくれる筈。他2頭より移動⇒デビューは遅くなるでしょうが、マイペースを貫いていってもらい、無駄な怪我をしないようにお願いします。