焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関西2歳牝馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アストロフィライト(牝・中内田)父ディープインパクト 母ウェイヴェルアベニュー 

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「この中間も成長を阻害しないように、適度に負荷の掛かった運動を課すよう心掛けています。ダクやキャンターでの出脚には相変わらず硬さが見られるものの、解れてくれば問題はありませんし、ハロン15秒ペースの調教もしっかりとこなせていますから、大きな心配は要りません。ここまでの乗り込みの成果もあって、幼く見せた馬体にも少しずつ必要な筋肉が付いてきており、段々とバランスが良くなってきている印象です。引き続き毎日のトレーニングに前向きに取り組めているのも好印象ですし、この調子でさらなる成長を促しつつ調整していければと思っています。馬体重は454キロです」(6/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain エバーフレッシュ(牝・松永幹)父ハーツクライ 母パーシステントリー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「ハロン15秒ペースでのフォームには段々と安定感が出て来ましたし、この中間から日によっては坂路コースのペースをハロン14秒まで上げています。ペースを上げてからも特に戸惑うことなく対応できていますが、トモを中心に緩さがあるので、少しモタモタしてしまう部分はありますね。それでも、本数をこなして力強さが出てくれば、それに伴って走りにも余裕が生まれてくるでしょうから、この調子でしっかりと鍛えていきたいですね。負荷を強めてからも飼い葉食いは良好で、馬体重を少しでもプラスして調整できているのは良い傾向ですね。出来れば夏には移動させたいと考えているので、このまま基礎強化に努めていければと思います。馬体重は457キロです」(6/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リヴィア(牝・安田翔)父GalileoリプリートⅡ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週5回周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「その後はリフレッシュ期間としてウォーキングマシンやトレッドミルでの運動と、引き続き放牧を行ってきましたが、まずは周回コースで軽めのキャンターを開始し、現在は坂路コースにも入れてハロン15秒まで進めています。この1ヶ月ほどで急に馬がしっかりしてきたように感じていますが、やはり放牧の効果が大きいのかなと感じているところで、それはスピード調教を余裕でこなせるようになっていることにも繋がっているように思います。ここまでイメージ通りに成長しているのは確かですが、まだまだ良化の余地がありそうですし、今後も焦らずに進めていきたいと思います。馬体重は430キロです」(6/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain モルレー(牝・長谷川)父ブラックタイド 母レディドーヴィル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路での負荷を高めてハロン14秒ペースまで進めています。左前の骨瘤は念のためケアを続けていますが、腫れ・熱感ともに落ち着いているのでペースを上げることが出来ています。週5日乗り込んでいるので、体力はついてきていますがトモの緩さは相変わらずですね。すぐに良くなる課題ではありませんから、腰回りに疲れをためないように注意しながら調教メニューを行うことで、少しずつ動きの質を高めていきたいと思います。馬体のフレームからすれば、現在の馬体重よりももっと増えてきて欲しいですし、体の成長が追い付いてきていないところもあるので、オーバーワークにならないように進めていきたいと思います。馬体重は434キロです」(6/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アストロフィライトは週2回坂路でハロン15秒のところを乗り込んでいますが、これ以上のペースアップは一旦控え、心身の成長を促すことを重視。少しずつ良くなってくると思うので、他馬の動向に惑わされず、今はマイペースの調整を継続していってもらえればと思います。

エバーフレッシュはアストロフィライトのように心身の成長を優先している訳ではないですが、与えられたメニューを淡々とこなしています。ただ、最初の頃は調教が進んで組だったと思いますが、馬体重の維持など課題がチラホラ。気難しいところを抱えていると思うので、気持ちが悪い方へ向かないようにまずはしないといけません。あと、動きに関しても、力強さに欠けているので、今のままでは活躍するのは正直難しいかなと思います。

リヴィアはまだ小さいことは確かですが、馬体重が430キロ台へ到達。この馬に合った調整法を見つけたのが大きいですが、今後も適度にリフレッシュを挟みつつ、馬体を膨らませていって欲しいです。それによって動きには力強さ・キレが加わってきて欲しいです。

左前の骨瘤の状態が気になるモルレーですが、今のところは我慢が利いている様子。また、現在、週5回坂路と周回コースを併用して乗り込まれていますが、へこたれることなく食らい付いているのは好印象。トモの緩さはなかなか解消しないでしょうが、コツコツ鍛え上げていって欲しいです。ただ、馬体がスッキリし過ぎているので、適度にリフレッシュを挟みながら、もっともっと膨らませていって欲しいです。