焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関西・2歳牝馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アストロフィライト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター1200m、週2回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの運動

担当者「この中間も調教メニューは大きく変わりません。ハロン14秒ペースを中心に乗り込むようになりましたが、しっかりと終いまで動くことが出来ていますね。やや線の細さは感じられるものの、皮膚が薄くて馬体の張りや艶は良好ですし、痛めた左前球節部分に関しても問題ありません」(8/6近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain エバーフレッシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター1200m、週3回周回コースで軽めのキャンター2400mと夜間放牧、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も速い時は坂路コースで14-13ペースまで脚を伸ばしているものの、周回コースでの調教を増やしてからはバランスが良くなり、走りに安定感が増してきました。欲を言えばもう少し後ろを使えるようになると、キャンターに力強さが出てくると思いますので、今後は坂路中心にその辺りを鍛えていきたいですね」(8/6近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リヴィア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1本と夜間放牧、週2回周回コースで軽めのキャンター2400mと夜間放牧、残りの日は軽めの調整

「担当者「この中間も調教メニューは変わっていません。かならず運動後に放牧を取り入れていることで、体にはフレッシュさがありますし、体重も減ることなく良い状態をキープすることが出来ています。今後もこのコンディションを維持してくれるようであれば、より負荷の掛かった調教を行えそうですよ。馬体重は446キロです」(8/6近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain モルレー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター2本、残りの日はトレッドミルでキャンター

担当者「精神状態が落ち着いていることから、この中間は坂路調教を行っています。単走中心のメニューで進めているので、折り合い面は特に問題ありませんし、動きもハツラツとしていて暑さの影響を受けずに順調に進められています。また、負荷を掛けたメニューに切り替えても体重が増えているのは好感が持てますね。馬体重は442キロです」(8/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アストロフィライトはこの中間もハロン14秒台のところを登坂中。悪くない動きを見せてくれている様子。ただ、馬体が寂しくなりつつあるので、どこかのタイミング数日だけでも楽をさせても良いのかなと思います。また、落ち着いていますが、左前球節のケアは重点的にお願いします。

この中の4頭で1番早くに北海道を出発するかもしれないエバーフレッシュ。速いところに対応できているのは体力が備わってきた証ですが、繊細さが残る牝馬なので、心身共にレベルアップが必要。トモをしっかり使った走りが出来るように今の段階から目的を持って日々の調教を積んでいってもらいたいです。

リヴィアは動きに力強さが出てきて欲しいなあとは思いますが、放牧を取り入れることで馬体の維持に繋がっているのは何より。走ることへの前向きを感じるのも好感です。ただ、もっともっとパワーアップして欲しい1頭ですし、先を急ぐことはないのかなと思います。

モルレーは1度入厩してゲート試験を突破。雰囲気は悪くないので、札幌開催が終わる前後に栗東へ入れることになるのかなと想像します。また、コメントを見ると、『単走だと折り合いが付く』とのことですが、逆に言えば、併せ馬や集団だとエキサイトするところが解決できないのかな?  まあ、気分を損ねないように注意して欲しいです。