焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

土曜日(5/15)の出資馬・出走記事

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

土曜新潟5R 3歳未勝利(芝2400m)7枠10番 西村淳J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日にCWコースで時計

藤原英師「先週の追い切り後に西村淳也騎手からチークピーシズを着けてみてはどうかと進言があったことから、この中間に着けてみたところ、余計に集中力が散漫になってしまいました。ですから、12日の追い切りは何も着けずに、先週に引き続き西村淳也騎手に手伝ってもらって時計を出しました。今回は先行し、最後の直線で3歳オープン馬の外側に併せて行きましたが、この馬なりに集中して走っていましたし、先週よりも馬の雰囲気は良くなっていますよ。この馬なりに成長しているのは確かですし、前走よりも気難しいところを見せなくなっているのは良いことだと思います。2400mの距離ならゆったり運べて自分のリズムで競馬が出来るでしょうから、去勢の効果とこの条件で良い走りを見せて欲しいですね」(5/12近況)

助 手 9栗坂良 56.3- 41.2- 26.5- 13.4 強めに追う エイカイロイヤル(三未勝)馬なりを0.5秒追走同入
西村淳 12CW良 83.1- 68.0- 53.4- 39.9- 12.3 直強め余力 シャフリヤール(三オープン)馬なりの外0.5秒先行同入

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム

5月15日(土)中京9R・あずさ賞・混合・芝2000mに岩田望Jで出走します。5月12日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。発走は14時25分です。

○友道調教師 「5月12日(水)は無理を強いずに上がり重点。イイ感じで駆けていましたよ。前回が悪くない競馬だったのに加え、数字も多少のマイナスで収まりそう。ここを勝てれば秋に繋がるでしょう」

≪調教時計≫
21.05.12 助手 栗東坂良1回 55.7 40.9 26.0 12.1 馬なり余力

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

土曜日(5/15)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。

1月の中京でのデビュー戦以来の出走となるヒーズオールザット。デビューするまでに時間を掛けて乗り込んでいましたが、精神面の幼さを覗かせ、デビュー戦はレースに集中することが出来ずに終了。その後、躊躇することなく去勢手術を行い、NFしがらきでの再調整を経て、今回新潟で2戦目を迎えることになりました。

帰厩後の調整はマイペースを貫き、デビュー戦時同様にじっくり乗り込みを重ねてきましたが、ここ2週は西村淳Jを背にCWコースでの併せ馬を敢行。脚色・内容は僚馬に見劣っていますが、先週はラスト1ハロン11秒6をマークし、今週は余力を残しての12秒3。去勢手術による効果でガラッと変わってきたとまでは言えないも、良い方へ変わってきているのは確かでしょう。また、今回は距離を延ばしてきましたが、自分からグイグイ走っていく馬ではないので、対応は可能でしょう。

ただ、慣れてきたであろう栗東トレセンと競馬では雰囲気・環境がガラッと変わるので、実戦へ行ってフワフワしてしまう可能性も十分残っています。ですので2戦目の今回は良い方へ変わってきているのを願いつつ、今回も冷静にレースを見守りたいと思います。去勢したことで2戦目の今回はブリンカーを外していますが、これが裏目に出なければなあ…。

ヴェルトハイムの前走は直線でスムーズさを欠き、外へ立て直す不利が大きかったですが、東京遠征で減らしてしまった馬体は回復することが出来ましたし、デビュー戦のような決め手を垣間見せることが出来たのも○。半姉ヴィースバーデンはデビュー戦をピークに低迷を続けていますが、復調気配を見せてくれたことにホッと一安心しました。

その前走から中2週のローテとなる今回。追い切りは無理のない範囲で行われていますが、3本時計をマーク。週末は左回りとなるCWコースで走りを確認し、最終追いとなる12日は坂路でサラッと。それでいてラスト1ハロン12秒1と上々の伸びを披露し、状態の良さはキープできていますし、叩いた上積みもありそう。馬体重は減るでしょうが、その幅は少ないところで辛抱して欲しいです。

距離が1ハロン延びるのは歓迎とは言えないも、今回も9頭立てと少頭数ですし、後方からじっくり進めて、直線は大外から気分良く脚を伸ばして欲しいところ。前走のように間を割る形になると手綱を引っ張ることになった前走を思い出し、躊躇してしまうことも考えられるので、良い意味で大雑把なレースをお願いします。紅一点(相手は男馬ばかり)となるのがちょっと心配ではありますが、とにかく自分の競馬に徹することができれば、大崩れはないでしょう。そして、出来ればここで1勝を積み上げ、秋への飛躍へ繋いでもらいたいです。