焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

来週15日の新潟・芝2400mで2戦目を迎えることになりました。鞍上は西村淳Jを予定。☆ヒーズオールザット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット(セ・藤原英)父ブラックタイドシーイズトウショウ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで時計
・次走予定:5月15日の新潟・芝2400m(西村淳J)

藤原英師「5日の追い切りは西村淳Jに手伝ってもらい、CWコースで併せて行いました。道中は追走し、最後の直線で3歳1勝クラスの内側へ併せて行きましたが、やや遅れたものの、ここ最近の中ではよく動けていましたよ。調教後、西村淳Jに確認したところ、『まずまず反応してくれましたが、まだ集中し切れていないところがあり、その辺りが改善すればより良い動きを見せてくれそうです。より集中力を高めるために、一度チークピーシズを試してみてもいいかもしれません』とコメントしていました。ジョッキーの進言もありましたので、来週の追い切りで一度チークピーシズを着けてみて、どれだけ効果があるか試してみます。その追い切り次第ではあるものの、今のところ5月15日の新潟・芝2400mに西村淳Jで向かいたいと考えています」(5/6近況)

西村淳 5CW良 84.4- 68.7- 53.8- 39.2- 11.6 一杯追伸る ゲヴィナー(三歳1勝)馬なりの内0.9秒追走アタマ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2戦目の予定を決めず、CWコースで丹念に時計を出しているヒーズオールザット。5日の追い切りでは先週同様に西村淳Jが跨っての併せ馬を行っていますが、併せた相手が京都新聞杯に出走するので映像で動きを確認することが出来ました。直線は持ったきりの手応えのゲヴィナーに煽られまくりでしたが、何とか食らい付き、ヒーズオールザットとすれば上がり1ハロン=12秒を切れたのは○。血統馬なので真面目に走ってくれれば、それなりの脚力は秘めている筈ですから。そしてこの動きを見て、来週の新潟・芝2400mで2戦目を迎えることになりました。鞍上は西村淳J。自分からグイグイ進んでいく馬ではないので、折り合いを欠くことはありません。ですから、距離が延びるのは問題なし。今の荒れ果てた新潟の芝は時計が掛かる分、悪くないでしょうし。

また、追い切りに跨った西村淳Jのジャッジでは、もう1つ集中し切れていないとのことでチークピーシズの着用を進言されました。来週の追い切りで試すことになっていますが、おそらく効果は薄いと思うので、デビュー戦と同じ馬装(ブリンカー着用)で臨んでもらえればと思います。何とか2戦目で未勝利突破に光が射し込むような走りをお願いします。