焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(男馬・トレセン調整組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain シェダル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:22日に南Wコースで時計
・次走予定:5月9日の東京・ブリリアントステークス(L)

栗田師「先週末に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はシェダルが2馬身ほど先行して、最後は3歳未勝利馬と同入で終えています。相手は格下でしたので、最後も突かれた分だけ脚を伸ばして終える形でしたが、重たい馬場でもしっかりとした走りは出来ていました。ただ、体つきにもまだ余裕がありますし、息遣いも良化させたかったことから、22日には南Wコースで併せ馬を消化しています。道中はシェダルが5馬身先行して、直線は同入で終えています。先週末に併せ馬を消化したことで反応は良くなっており、全体時計が6ハロン82秒台にも関わらずラスト1ハロンは11.9秒ですから、調教内容も満足のいくものでした。また、最近はゲートの中で悪さをしようとする面がありますので、この中間はプール調教を取り入れています。シェダルは泳ぎが上手い方ではないので、プールに入れると特に人に頼るようになり、そこで人との関係性をしっかり築け、行儀が良くなると見ています。私の厩舎ではこの取り組みで改善してきた馬がいるので、この馬に関してもゲートの悪さが改善されてくれたらと思いますし、心肺機能も同時に上がってくれると良いですね」(4/22近況)

助 手 18美坂重 53.7- 39.4- 26.1- 13.1 馬なり余力 ホウオウダンサー(三未勝)一杯に0.4秒先行同入
助 手 22南W良 82.7- 66.0- 51.9- 38.8- 11.9 馬なり余力 アントリューズ(古馬3勝)末強めの外1.0秒先行同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラッキーモー

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日に坂路コースで時計
・次走予定:5月9日の東京・ダ1600m(福永J)

松永幹師「21日に坂路で追い切りました。道中は3歳未勝利馬を追い掛ける形で行いましたが、最後は無理に並び掛けずに馬なりのままゴールしています。まだ息づかいの感じや反応はもう一つと言ったところですが、先週より良化が窺えますし、このひと追いで更に良くなってくるでしょう。来週しっかり負荷を掛ければ再来週には十分態勢が整うでしょうから、後は脚元の状態には気を付けながら進めていければと思っています」(4/22近況)

助 手 18栗坂稍 62.0- 44.8- 29.1- 14.2 馬なり余力
助 手 21栗坂良 54.3- 39.6- 25.6- 13.0 馬なり余力 プリンスゼンナン(三未勝)末強めを0.4秒追走0.4秒遅れ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:22日にCWコースで時計

藤原英師「22日にCWコースで追い切りました。道中は先行し、最後の直線で同じ3歳未勝利馬の外側に併せて行きましたが、最後はクビ差遅れてゴールしています。強めに追ったのは今回が初めてとあって、まだ仕掛けてからの反応は鈍かったものの、本数を積み重ねていけばピリッとしてくるでしょう。以前より余計なことをせず、走りに対しても集中してくれるようになっているので、この調子で動き・反応を良くしていきたいですね。具体的な番組については、もう少し追い切りの動きを確かめながら検討していきたいと思います」(4/22近況)

助 手 18CW稍 55.8- 39.4- 12.0 馬なり余力 ハッピーオーサム(三歳1勝)強めの外2.0秒先行0.2秒遅れ
助 手 22CW良 84.4- 68.9- 53.7- 39.4- 12.0 強めに追う ディクテオン(三未勝)馬なりの外0.4秒先行クビ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来月9日の東京・ブリリアントSへ向け、追い切りを重ねているシェダル。坂路とWコースを併用して進めているのも良いと思いますが、時計&動きも良好。本数を重ねていけば、馬体は引き締まってくると思いますし、動きに更に余裕が出てくれるでしょう。また、プール調教を取り入れているようなので、人に頼ることで信頼関係が思惑どおりに強固なものになって欲しいです。

ラッキーモーは脚元の不安が解消できた迄はいっていないので、坂路オンリーの追い切り。時計が平凡なのは無理をしていない分もありますし、元々攻めは地味なタイプ。丹念に追い切りを重ねることが大事になってくるかと思います。

ヒーズオールザットは相変わらず併せ馬で見劣るケースばかりですが、追い切り時計自体はマズマズ。また、以前よりも食い下がることは出来ているのかなと思います。2戦目が決まるのはもう少し先になるようですが、丁寧に教え込むことでじわじわ上昇ムードへ繋げていって欲しいです。