焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳・関西牝馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アストロフィライト(牝・中内田)父ディープインパクト 母ウェイヴェルアベニュー 

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「その後は徐々にトレッドミルでのキャンターのペースを上げていましたが、左飛節の状態には良い意味で変わりはなく、歩様にも問題はありませんでした。そこで3月中旬から徐々に乗り運動へとシフトしていっており、現在は坂路コースと周回コースでの調教をこなしています。週を追うごとにペースアップを図って負荷を強めていますが、休む前よりも全体的な走りのバランスは良くなっているように思いますね。ここまでのところ歩様に問題はありませんが、引き続きよく注意して進めていくと共に、まだ集中力を欠く場面も見受けられますから、その辺りの成長も促しつつじっくりと乗り進めていければと思います。馬体重は458キロです」(4/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain エバーフレッシュ(牝・松永幹)父ハーツクライ 母パーシステントリー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、少し疲れた素振りを見せたのでリフレッシュ目的で乗り運動を控えています。現在はトレッドミルとマシンでの運動を行っています。この中間にハロン15秒を中心に1ハロン14秒台まで進めての運動を行っており、集中して最後までしっかりと登坂してくれていました。速めの運動の後でも飼い葉はしっかりと食べていますし、馬体重もそこまで減っていないので、乗り運動を再開するまでそう時間はかからないと考えています。気性面に幼いところはまだ残すものの調教に影響が出る程ではないですし、徐々に大人びてきていますよ。乗り運動再開後はゲート練習も取り入れながら、坂路でのペースを上げていくつもりです。馬体重は439キロです」(4/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リヴィア(牝・安田翔)父GalileoリプリートⅡ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回坂路コースでハロン15秒~16秒のキャンターを1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日程は軽めの調整

担当者「この中間も坂路コースと周回コースを織り交ぜて調教を行っています。体重に大きな変化はないですが、動きに非力な感じはなく、馬のバランスがしっかりしてきたので、さらに負荷を強めてもまだまだ動けそうな印象ですね。精力的にメニューをこなす中でも馬体面、気性面ともに着実に成長してくれています。ここまで順調に進められているので、今後も馬の状態に合わせながら焦らずに乗り込んでいきたいと思います。馬体重は408キロです」(4/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左トモの飛節を腫らしてしまったアストロフィライトですが、トレッドミルで乗り進めていったところ、飛節や歩様は良い意味で安定。そこで3月中旬から騎乗運動を開始しています。ひとまず、普通キャンターで感触を確かめていますが、今のところは大丈夫そう。ただ、急いで遅れを取り戻そうとすると、反動・疲れが怖いので、症状がぶり返すことがないように慎重さは失わないで欲しいです。

エバーフレッシュはそろそろリフレッシュを挟むかなと見ていましたが、少し疲れも見られたために週3回トレッドミルで動かすのみ。まあ、これまでハロン14~15秒のところを乗り進めていたので、長めのリフレッシュ期間を設けたぐらいに考えたら良いのかなと思います。あとは早い段階で馬体を戻してもらい、更なる攻め強化に繋げてっ欲しいです。

馬体重がなかなか増えてこないリヴィアですが、負荷を高めても馬体が減ってしまうことはありません。見た目は非力ですが、案外、中身はしっかりしているのかもしれません。ただ、理想はもっともっと馬体重が増えて欲しいです。動きに関しては、動画を見ても、フットワーク等は良さげに見えます。