焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「引き続きハロン14秒ペースで乗り進めています。まだ体は若干緩いかなと言う印象を受けますが、動きそのものは問題ありません。トモの状態もここまでは変わりなく良いですから、来月には移動の予定が立てられそうです。馬体重は532キロです」(5/28近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週5回屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンター2本、残りの日は軽めの運動

担当者「先週の動きが良かったことから、この中間は更にペースを上げています。チップが軽いこともあって最後まで楽に登坂することが出来ていますし、移動へ向けて徐々に態勢が整ってきました。まだトモの嵌まりが遅い部分はありますので、その点を解消していきたいですね。馬体重は524キロです」(5/28近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クレッセントムーン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「引き続きウォーキングマシンでの運動で様子を見ています。楽をさせているので多少腰の力は戻ってきているものの、まだ完調には程遠いですね。ただ、こちらでは一度も乗っていないので、乗った際にどれくらいトモが甘いのか確かめておく必要はありますし、来週にも1度ハッキング程度で坂路を登らせてみたいと思います。馬体重は522キロです」(5/28近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本とトレッドミルでキャンター、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「先週、道中の息遣いが今一つだったことから、この中間は坂路入り前にトレッドミルでキャンターを行っています。その効果もあって坂路での息の入りは徐々に良化しており、この感じで進めていきたいですね。これだけ継続的に乗り込んでいるので、馬体の張りは良好です」(5/28近況)

 f:id:yakifish:20200513
045835g:plain ヴァンタブラック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター2本、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「来月の移動へ向けて、この中間も速めのペースで乗り込んでいます。大型馬でどうしても緩さはありますが、動きは週毎に良くなってきていますし、トモに関してもこの1ヶ月で力強さが出てきました。須貝調教師からいつでも移動の声が掛かっても良いように準備しておきます。馬体重は541キロです」(5/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックは引き続きハロン14秒をベースに乗り込んでいますが、さすがに重賞を勝っている馬だけあって動きは上々。体を持て余している分は本数を重ねていけば、解消してきてくれるでしょう。そろそろ次の動きがあるようなので、調教のやり過ぎだけは注意してもらいたいです。

ボンディマンシュはトモの嵌りがなかなか良くなってきませんが、負荷自体は順当にアップ中。本当に良くなるには時間が必要ですが、声が掛かるまでコツコツ鍛え上げてもらえればと思います。

クレッセントムーンだけ上昇気流に乗れていませんが、今はじっと我慢の時。腰の状態は少しずつ良くなっているのかなと思いますが、乗り運動を再開していった時にどうなるか。都合をつけて、先に獣医師に診てもらった方が良いとは思うのですが。

パラダイスリーフは順調に乗り込むことは出来ていますが、良化は引き続きスロー。この血統は勝気なところがあるので、仕上がり早な印象を持っていたのですが、ゼーヴィントとかとは少し違うみたいです。また、調教後は少し疲れ・反動が出るようなこともあると思うので、入念なケアを欠かさないようにお願いします。

ヴァンタブラックは5頭の中では1番最初に牧場を離れそう。緩さが残る中でもパワーアップしているようですし、本数を重ねるごとに動きも良くなっている様子。あとは休養前と比べ、走ることへの意欲・前向きさが出てきてくれていれば、まだまだ出世を目指せる馬なので。心身の確かな成長を早く実感してみたいです。