焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

この中間、左トモの飛節を腫らすアクシデント発生。現在は腫れが治まり、ウォーキングマシン→トレッドミルでの運動と1歩1歩前へ進んでいます。★アストロフィライト


f:id:yakifish:20200513045835g:plain アストロフィライト(牝・中内田)父ディープインパクト 母ウェイヴェルアベニュー 

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週5回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、左飛節が腫れた為、乗り運動を中止しておりましたが、数日で腫れは治まり、先月中旬よりマシンでの運動を開始しました。先々週からは週1回トレッドミルを行って飛節の様子を見ておりましたが、状態に変わりがなかったので、先週よりトレッドミルの回数を週5回に増やして運動の負荷を高めております。乗り運動を中止したことで、馬体重が増加傾向にありますが、緩んだという印象はありませんね。馬体に幅が出てたように感じますし、張りやツヤも良くて体調面は良好です。気性面は普段から大人しくて余計な仕草のない馬ですから、トレッドミルでの出し入れなどで煩いところを見せることもなく、落ち着いて運動に取り組んでくれています。今後は脚元の状態に注意しながら、トレッドミルでのペースを上げていき、飛節の状態が良ければ乗り運動を再開していく方針です。馬体重は453キロです」(3/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2月の調教動画がなかなかアップされないなあと見ていたアストロフィライトですが、近況が更新される数日前にようやくアップ。馬房からのワンショットに始まり、曳き運動等と一頓挫あったことを匂わすものだったので、嫌な予感しかなかったですが、左トモの飛節に腫れが出たとのこと。

その為、騎乗運動を一旦ストップし、回復に努めてきましたが、腫れは数日で治まり、ウォーキングマシン→トレッドミルでの運動とステップアップは出来ています。この感じなら良いリフレッシュ期間を設けた程度で済むと思いますが、ここで油断して左トモの飛節を再度腫らしてしまうようなアクシデントは避けないといけません。とにかく慎重を期してお願いします。

また、更新された動画や画像を見ると、馬体は良い感じにまとまってきていますし、身のこなし等は柔らか。人間に対して従順そうなのも好印象です。とにかく楽しみな血統馬なので、ここから順調に上昇カーブを描いていってもらいたいです。