焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

体質面の弱さからデビュー戦後は疲れが抜け切れずに苦労するも、無理させずに良化を待ったことが正解。ビシビシやれない分、中身が伴っているかは半信半疑も、攻めの動き・時計は水準以上。雄大な馬体+短めの繋ぎからもダート替わりは魅力。☆ベルエポック

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ベルエポック(牝・黒岩)父モーリス 母アドマイヤテンバ

日曜中山1R 3歳未勝利・牝(ダ1800m)5枠8番 津村J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:24日に坂路コースで時計

黒岩師「24日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。3頭併せの最後方を追走から、ラスト1ハロンからスッと上がってくると、最後は併入で終えています。先週末にも南Wコースで追い切りを行えており、道中・運動後の息遣いは段々と良化傾向にありますし、今週のひと追いで態勢は整ったと思います。5ヶ月ぶりのレースにはなりますが乗り込み量は申し分ないので、あとは実戦勘とダート適性ですね。そして、キャリアの浅い馬なので、揉まれたりまともに砂を被るのは避けたいですから、なるべく外目をスムーズに追走して欲しいと思っています。なお、想定を見て検討した結果、2月28日のダ1800m(牝馬)に津村騎手で臨むこととなりました」(2/25近況)

助 手 21南W良 57.0- 41.7- 13.5 馬なり余力
助 手 24美坂良 52.7- 37.6- 24.4- 12.1 馬なり余力 ゲットオン(三未勝)馬なりを0.8秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回中山2日目(02月28日)
1R 3歳未勝利
ダ1800メートル 牝馬 馬齢 発走10:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 モモエチャン 牝3 51.0 小林脩斗
2 2 アドヴェントイヴ 牝3 54.0 横山典弘
2 3 ローラズウィシュ 牝3 54.0 蛯名正義
3 4 ブルーガーデニア 牝3 54.0 吉田豊
3 5 オーケーパッション 牝3 54.0 石川裕紀人
4 6 セレニティーアスク 牝3 54.0 北村宏司
4 7 スノームーン 牝3 54.0 横山武史
5 8 ベルエポック 牝3 54.0 津村明秀
5 9 フィルモグラフィー 牝3 54.0 田辺裕信
6 10 メイショウホオズキ 牝3 54.0 三浦皇成
6 11 エスティエレガント 牝3 54.0 宮崎北斗
7 12 サンシルビア 牝3 54.0 丸山元気
7 13 エアーレジーナ 牝3 54.0 C.ルメール
8 14 バークリー 牝3 54.0 木幡巧也
8 15 ノーブルフォレスト 牝3 54.0 大野拓弥

○黒岩師 「デビュー戦は体質面も考慮して調整。今回はかなり乗り込めて、硬さもマシになった。馬格があるからダートはこなせそう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

育成時から動きの良さが目立ち、入厩後も追い切りで好時計をマーク。馬格を生かした推進力溢れる動きが魅力だったベルエポック。歩様の硬さには気を掛けながらも、芝のデビュー戦はポテンシャルの高さで押し切ってくれるものと期待しましたが、サッと好位につけてレースの流れに乗れたまでは良かったのですが、いざ追われてからがサッパリ。伸びは一息で8着に沈んでしまいました。単純に芝がダメというよりも、体質面の弱さから内面が出来ていなかったので力を発揮できなかったようです。

その後はNF天栄で再調整を行うことになるも、デビュー戦の疲れがなかなか抜けずに一苦労。右前球節の状態が思わしくなかったり、肉付きも悪くなったりと色々波及することになったので、時間を掛けて立て直す為に北海道のNF空港へ再移動することに。

北海道へ到着後はまずは軽く動かす程度で焦らずに良化してくるのを待つことに。捌きの硬さは簡単に良くなりませんでしたが、馬体は徐々にフックラした姿を取り戻すことに成功。状態が上がっていくとトレッドミルでの運動を開始し、11月下旬頃から坂路での騎乗運動を始めることが出来ました。正直なところ、もう少し時間が掛かることを予想していたので、最初に無理することなく良化を待ったことが1つポイントになりました。

乗り出してからは歩様の硬さは残るも、概ね順調にペースアップ。適度なタイミングでリフレッシュさせたのも良かったと思います。そして1月22日に帰厩。早くから番組を絞らず、乗り進めて行く中で中山・ダ1800mでの復帰が決まりました。

帰厩後の追い切りでは引き続き坂路で水準以上の時計を悠々マーク。ビシビシやれない分を丹念に本数を重ねることで補ってきました。ただ、冬場で馬体の絞りづらい時期。腹袋のあるタイプなので太めに見せがちですが、前走からプラス○○キロでの出走になるのかはひとまず注目したいです。ダートに関しては血統面からは半信半疑も、馬格があって攻め駆けするタイプ。短め+立ち気味の繋ぎからも向きそうに思います。

ポテンシャルの高さから5ヶ月ぶりの実戦でも好走を期待したいも、立て直して臨む今回はどこまで内面がしっかりしてきてくれているかが全て。正直なところ、走ってみないと分かりません。まだまだ弱さを残すなら、今回も馬群に沈んでしまうでしょうし、デビュー戦からかなり良くなっているようなら圧勝まであるかもしれません。何とか後者の結果になってくれることを願うばかりです。