焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(5歳上男馬・NFしがらき組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、角馬場、坂路コースでハロン17秒

調教主任「引き続き同じメニューで進めていますが、ハミ受けは徐々に良くなってきましたので、このまま継続していきます。坂路ではハロン17秒のペースで2本登坂しており、やや体が緩んでいるものの、乗り込んで行くにつれて引き締まってきましたので、この調子で乗り運動を続けていきたいと思います。馬体重は515キロです」(1/29近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

調教主任「ハミ受けを重視してここまで進めてきましたが、だいぶ改善されてきたことから、現在は周回コースでも乗るようにしています。運動量を増やした後も状態は変わりありませんし、この調子で長めの距離を乗りながら緩んだ体を引き締めていきたいと思います。馬体重は520キロです」(2/5近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain シングルアップ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回小倉開催
・調教内容:周回コースでキャンター

調教主任「先週一杯は軽めの調整でコンディションを整えていましたが、脚元含めて気になるところは見られませんでしたので、現在は周回コースで長めの距離を乗っています。寺島師とは今月半ばには帰厩させる方向で打ち合わせていますので、今後は坂路にも入れて徐々に負荷を掛けていきます。馬体重は560キロです」(2/5近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・次走予定:3月6日の中山・上総S
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の調教を始めています。速い時計にもしっかり対応しており、動き・反応ともに良いですよ。2月中旬頃の帰厩を予定していますので、今の状態を保ちつつ、更に負荷を掛けて行きたいと思います。馬体重は532キロです」(1/29近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・次走予定:3月6日の中山・上総S
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

調教主任「この中間はより負荷を掛けたメニューに切り替え、現在は坂路でラスト1ハロン14秒までペースを上げています。動き・反応ともに良いですし、調子が上向いてきましたよ。このまま問題なければ来週か再来週には帰厩することになっていますので、いつ声が掛かってもいいよう態勢を整えておきたいと思います。馬体重は532キロです」(2/5近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アマネセール

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「引き続き右前脚の骨瘤の状態には気を配りながら進めていますが、その後も問題ないことから、この中間は坂路でラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。負荷を掛けた後も脚元の状態は変わりありません。何とかここまで順調に立ち上げることが出来ているので、負担が掛からない程度に今のメニューで乗り込んで行きたいと思います。馬体重は505キロです」(1/29近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「この中間も坂路でラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばすようにしていますが、運動後も右前脚の骨瘤の状態は落ち着いていますし、順調に進められていますよ。今後も焦らず脚元に負担が掛からないよう細心の注意を払っていきます。馬体重は506キロです」(2/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

後方からじっくり進める形が染み込んでいるナイトバナレット。年齢とキャリアを重ねることでズブさが出てきているので、ハミ受けを修正することで前向きさを促すことになって欲しいです。ただ、馬体重は絞れてきていないので、日々の運動量を増やして欲しいです。

シングルアップは短期放牧を挟んで再度小倉の障害OPへ。レースではどうしても最後甘くなってしまいますが、スピードを生かせる舞台は前走の走りから合っていそう。ただ、次走は距離が延びると思うので、それがどう結果に及ぼすか。正直、歓迎とは言えません。

次走が来月6日の中山・上総Sへ決まっているクレッセントムーンはそこへ向けて順調な乗り込み。本数を重ねて、質の良い動きを見せてくれています。調整に関しては文句の言いようがないので、あとは3勝クラスに上がってどこまで通用するか。そこがやはり気になります。

右前脚の骨瘤は常に注意が必要ですが、トレッドミルを併用することで脚元への過度の負荷を避けているアマネセール。それでもだいぶ本調子は取り戻したと思うので、そろそろ次走の予定が出てきて欲しいです。