焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ピリッとしたところに欠けるので、乗り込みを重ねても良化は非常にスロー。デビュー戦からブリンカー装着と気性面の不安は拭えず、まずはレース慣れしていくことが先決。追走に手一杯で終わるなど酷い内容で大敗する可能性は正直高そう。★ヒーズオールザット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット(牡・藤原英)父ブラックタイドシーイズトウショウ

土曜中京6R メイクデビュー中京 3歳新馬(芝2000m)6枠11番 岡田祥J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日にCWコースで時計

藤原英師「13日にCWコースで追い切りました。レースで騎乗する岡田祥嗣騎手に引き続き感触を確かめてもらいましたが、『まだ幼いところが目立ち、走りに対して集中していないところがあります。ただ、最後の直線で併せて行くと最後までしっかり伸びてくれましたし、レースでも真面目に走ればいい競馬をしてくれそうです』と話していました。ここまで時間を掛けて仕上げてきたこともあり、入厩当初と比較すると、体に張りが出て良くなってきていますが、まだ心身ともに幼さが目立ちますね。普段も周りを気にして集中力が散漫なところがありますし、レースに行ってどれだけ集中して走ってくれるかがカギになりそうです。少しでも走りに集中できるよう、今回はブリンカーを着けて臨むので、それが良い方に向いてくれることを期待しています」(1/14近況)

岡田祥 11栗坂良 59.9- 43.6- 27.9- 13.5 馬なり余力 シャフリヤール(三歳1勝)馬なりに0.4秒先行0.2秒先着
岡田祥 13CW良 85.0- 68.7- 53.6- 39.3- 12.2 一杯に追う エイカイファントム(三歳1勝)馬なりの外0.6秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中京5日目(01月16日)
6R メイクデビュー中京 3歳新馬
芝2000メートル 馬齢 発走12:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 リリーブライト 牡3 56.0 池添謙一
1 2 エリカブライト 牝3 54.0 北村友一
2 3 アーダレイ 牝3 54.0 和田竜二
2 4 マイネルエニグマ 牡3 56.0 国分優作
3 5 フローレスクイーン 牝3 54.0 川田将雅
3 6 トーホウノーヴァ 牡3 56.0 城戸義政
4 7 シブコ 牝3 52.0 藤田菜七子
4 8 ヴェノム 牡3 56.0 松山弘平
5 9 ジンフィーズ 牝3 54.0 福永祐一
5 10 ディーコンセンテス 牝3 54.0 C.ルメール
6 11 ヒーズオールザット 牡3 56.0 岡田祥嗣
6 12 シゲルカナロア 牡3 56.0 岩田望来
7 13 サンタグラシア 牝3 54.0 武藤雅
7 14 オスタークラング 牝3 54.0 藤井勘一郎
8 15 インフィニタス 牝3 54.0 岩田康誠
8 16 プルミエロール 牡3 56.0 幸英明

○田代助手 「大型馬でもあり使ってからとは思うけど、攻めをやる毎に集中力は出てきたね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年の明け3歳馬は育成時に大きな怪我・トラブルに見舞われることが少なく、順調に入厩→デビューへと進めることが出来、その大トリ(最後のデビュー)を飾ることになったのがシーイズトウショウの18こと、ヒーズオールザットです。

募集時は血統背景&預託先から人気を集める1頭になるのかなと見ていましたが、意外にも伸び悩み、私の実績でも出資が可能に。そこで出資した訳ですが、伸び悩んだ要因はヒールオールザットの臆病な気性。見える物・聴こえる音にいちいち反応していたようですし、馴致にも苦労した様子。ただ、馬場や坂路に連れ出すようになるとトントン拍子に進み、馬っぷりの良さから動きは目立つ存在に。変わり身の凄さは血統が成せる業なんだなと見ていました。そして4月中旬にはNFしがらきへ移動。この頃には気性面の不安は私の頭の片隅から消え、早期入厩からの夏デビューを想像していました。

ただ、コツコツと乗り込みを重ね、速いところも定期的に乗れるようになっても、入厩の声は届かず。後からNFしがらきへ移動してきた馬は早くに声が掛かって入厩し、デビューする馬まで出てきたのに…。有力馬を多数抱える厩舎ですが、ゲート試験を突破するための入厩も叶わず、放置と言える状態が続いた時は不安が募るばかり。そしてようやく入厩の知らせが届いたのが3ヶ月ちょっとの7月後半でした。

初めてのトレセンという環境に戸惑いをみせていましたが、まずは時間を掛けて慣らすことに専念。その後にゲート試験に着手しましたが、ゲートに関しては小さなトラブルもなくスムーズに合格。その後、時計を出してみて、デビューへ向けて進めるか否かを決める方針でしたが、追い切り後に脚元が浮腫んでしまい、NFしがらきでの再調整を余儀なくされることに。ただ、脚元の状態は深刻なモノではなかったので、トレッドミルで下地を作り、1ヶ月半ぐらい丹念に乗り込むと10月末に再帰厩が叶いました。

あとはデビューへ向けて追い切りを重ねていくだけでしたが、そこから出走へGOサインが出るのに2ヶ月半ぐらい時間が掛かってしまうとは…。帰厩当初は緩さが残る分、終いの踏ん張りが一息かなと見ていましたが、馬体のメリハリを欠いていた為、本数を重ねて良化を促してきました。その中でラスト1ハロン16秒台と大きく失速した時は目を覆うばかりでしたが、上がり重点に切り替えていくと、そこまで酷い時計・内容にはなりませんでした。ただ、併せ馬を行うと見劣るケースばかり。募集直後に指摘されていたように臆病な気性が前向きさの欠如に繋がってきています。これまで色んなタイプを出資してきていますが、デビュー戦からブリンカー着用する馬は初めてだと思います。

乗り込み量は豊富で仕上がりは悪くないでしょうが、こういう気性なのでデビュー戦から好走は期待し辛く、追走で手一杯になってしまうなど酷い内容での大敗の可能性は逆に高いと覚悟しています。とにかく慣れが必要でしょう。

それ故、デビュー戦の結果は二の次で、まずは普通に追走することが出来、直線で交わされてからも、パタッと止まることなく頑張ることが出来るのかに注目して、デビュー戦を見守りたいと思っています。