焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(明け2歳・関西牡馬)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain チアズメッセージの19(牡・藤岡)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回角馬場、週3回馴致、週1回トレッドミルで軽めのキャンター、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間は乗り運動開始に向けて、馴致と角馬場での運動を取り入れました。これまでトレッドミルだけの運動でしたが、左前膝の状態が落ち着いていることから人が跨る運動へと移行することが出来ました。運動の負荷は高まっているので、馬体重は大きく増えることはなくなりました。トレッドミルでの負荷も高めていますが、飼い葉はしっかり食べてくれていますよ。ウォーキングマシンからトレッドミルへ移行した当初は、力が有り余って余計な仕草もありましたが、トレッドミルのペースが上がるにつれて力みもとれて、スムーズに運動を行うことが出来ています。運動量が不足していて煩い面がありましたが、もともと大人しく扱いやすいタイプですから、乗り運動に移行すれば集中して走ってくれることでしょう。今後は騎乗調教開始に向けて馴致を進めていこうと考えています。ここまで順調にきていますが、歩様に硬さがあるので引き続き脚元も注意して進めていきます。馬体重は494キロです」(12/31近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain グリューネワルトの19(牡・池添学)父ルーラーシップ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本+周回コースで軽めのキャンター1800m、週1回屋内坂路コースで15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2700m

担当者「その後も順調に進められていましたので、この中間はより負荷を高め、現在は週2回坂路でハロン15秒のペースで登坂するようにしています。そのうちの1回は周回コースでしっかり運動を行ってから坂路に入れるようにしていますが、運動量を増やした後も疲れを見せることはありませんし、良い状態を保っていますよ。運動後も飼い葉をよく食べており、体重は維持できていますし、今後も疲れを溜め込まないようリフレッシュ期間を設けながら良化を促して行ければと考えています。まだ前重心のフォームでトモをしっかり使い切れず、その影響でバネの利いた走りが出来ていないので、普段の調教からトモをしっかり使わせ、前後のバランスをしっかり取れるように調整していきたいと思います。馬体重は486キロです」(12/31近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain フェイトカラーの19(牡・大久保)父ジャスタウェイ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本と周回コースでハッキング1800m、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間も坂路コースと周回コースでの乗り込みを織り交ぜながら調教を進めています。坂路では全体的なペースを上げていて、速い時だと終いハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。ペースアップを図ってからもまずまずの手応えを保って登坂できていて、調教をこなすに連れて動き自体も良くなってきています。余分なものが徐々に取れてきていることから、先月よりも体重が絞れて良化してきているものの、もう少し馬体をフィットさせていきたいところです。調教が進んでも変にカリカリしたりせず、精神的には大人しくて扱いやすいですし、飼い葉もしっかりと食べることが出来ており、体調面にも特に問題はありません。左前脚の状態にも良い意味で変わりなく来ていますから、この調子でしっかりと乗り込んでいきたいですね。馬体重は468キロです」(12/31近況)


f:id:yakifish:20200513045835g:plain バシマーの19(牡・松下)父トーセンラー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路コースのペースはハロン16秒まで上げていますが、まだ動きには緩さが残るものの、だいぶ体力が付いてきた印象です。それに、ゆったりと跳びの大きな走りを見せてくれていますし、思ったよりも背中はしっかりとしていて、乗り味自体も悪くはありません。性格的には割とピリッとしているタイプで、敏感さが目立つところもありますが、基本的に前向きに運動してくれていますし、これを上手く競馬にも繋げていければなと考えています。飼い葉はしっかりと食べていることで、馬体の線の細さが徐々に解消されてきつつありますし、体力が付いてきていることから、普段の落ち着きも段々と増してきているように感じます。なかなか難しい部分はありますが、今後もこの調子で乗り込みながら、少しでも馬体の緩さを解消できるように努めていきたいですね。馬体重は458キロです」(12/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

チアズメッセージの19は左前脚の膝の状態が落ち着いていることから、人を乗せる運動を開始。ただ、現状は感触を確かめる程度で無理はしていません。トレッドミルに関しては徐々に負荷を高めていますが、ひとまず無難な対応。歩様に硬さが残るので、まだまだ無理は出来ませんが、着実に1歩1歩と踏み出してもらえればと思います。

グリューネワルトの19はこの時期の2歳馬らしくトモを上手に使えていませんが、調教動画では身のこなしが良く、推進力のある走りを披露しています。ただ、気性面で一癖・二癖あるでしょうから、それが競走生活にどこまで悪影響を及ぼすのか。個人的なイメージですが、距離に融通性がある明け3歳のセラフィナイトといった感じでしょうか。

私が出資しているシルクの2歳馬では1番進んでいると思うのがフェイトカラーの19。この1ヶ月で馬体重が15キロほど減少。これまではお腹周りにかなり余裕があったので、これはその分が絞れてきたと見ていいでしょう。また、少し首が伸びたようで馬体の窮屈さが緩和されたようにも思います。ただ、速い時期に左前脚に疲れが出て1週間ほど休むことがあったので、今後も気にしながら、負荷を高めていって欲しいです。

バシマーの19は心身の幼いところを多く残し、評価のしにくい1頭ですが、まずは怪我なく順調に来ているのは○。父トーセンラーなので薄い造りかもしれませんが、カイバをしっかり食わし込んで、まずは馬体にボリューム・幅が出てくるように取り組んで欲しいです。マイペースで行きましょう。