焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

放牧を挟みつつ、着実に馬は良くなっているのですが、中山へのコース替わりでデビュー戦同様に内の動きづらいところに入ってしまう。勝負どころからのペースアップに対応出来ず、4角手前では置かれてしまう感じになって万事休す。9着に敗れてしまう。★ノワールドゥジェ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ノワールドゥジェ(牝・宮田)父ハーツクライ 母プチノワール

日曜中山5R 3歳未勝利(芝2200m)9着(2番人気) 横山武J

まずまずのスタートを切ると、レース序盤は好位のすぐ後ろに付けます。向正面から勝負どころにかけて徐々に位置取りを悪くしてしまい、直線でも巻き返すことが出来ず、9着に敗れています。

宮田調教師「トレセンではややテンションの高いところを見せていましたが、落ち着いてレースに挑むことが出来ていましたし、馬体重も大きく減らすことなく出走させることが出来ましたね。スタートもポンと出てくれて、良い位置に付けられるかなと思っていましたが、前の馬に乗っ掛かることはなかったものの、競馬の形的には初戦と同じ様な感じになってしまいました。武史(横山武史騎手)は、『コーナーで加速することが出来ず、徐々に置かれていってしまいました。ワンターンの競馬の方がまだスムーズに走れて良いように思います』と話していました。前走も向正面ではそこまで手応えが良くなかったものの、直線に向いてからジワジワと脚を伸ばしていましたし、もしかすると周りに気を使っているところがあるのかもしれません。距離延長が良い方に向くかと思いましたが、それよりも現状は広いコースで競馬をさせた方が良さそうな印象です。この後はトレセンでの状態を見ながら、どうするか検討させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

気配良好。スッと前に取りついて、1角手前でインに潜り込むが、道中は押っつけ気味で追走に余裕がない。直線も伸びあぐねてしまった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:第1回東京開催

宮田師「レース後はトレセンに戻って馬体をチェックいたしましたが、多少背腰に疲れを感じるものの、日毎に良化していますので大きなトラブルはありません。2戦目のように広いコースでスムーズな競馬をする方が良さそうですから、その後も問題無ければこのまま在厩で進めさせていただき、東京開催への出走を考えております」(1/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2戦目で3着と力のあるところは示したノワールドゥジェ。力の要る、小回り中山へのコース替わりは不安でしかなかったですが、追い切りでは格上のセラフィナイトを煽る動きを見せ、着実に力をつけていることは確認できたので、血統馬らしい良化に期待したのですが、結果は甘くなかったです。

この中間、少し煩いところが出てきて、馬体が減少傾向だったようですが、レースではマイナス2キロでの出走。パドックでイレ込むようなこともなかったですし、頭を少し下げて歩いていたとはいえ、雰囲気は悪くなかったと思います。

ゲートを互角に出るも、スッと二の脚が付いて先行態勢へ。ただ、隣のゴールドブリーズがやや強引に内へ切れ込んできたので、ノワールドゥジェ自身も内へ押し込まれ、1角を回る時は少し力みが感じられました。

レース自体は早くから流れが落ち着き、Sペースの1戦に。ノワールドゥジェは好位に付けることは出来ましたが、内から抜け出せず。道中、折り合いを欠くような面はなかったですが、少し促しながらの追走ぶり。馬群の中で嫌がっている素振りはなかったと思いますが、周囲を気に掛けて走っていた分、余裕がなかったのかなあ。そして早めにエンジンを吹かして行って欲しかったですが、勝負どころからのペースアップにモタモタ。ジワッと押し上げて行くものだと思っていたら、4角手前では逆にジリジリ前との差が開いてしまいました。ここで勝負ありでした。

レース後のノワールドゥジェは使ったなりの疲れが背腰から感じられるようですが、次の東京開催へ向け、在厩調整を続ける方針。個人的には1週間前後の短期放牧を挟んだ方が、少しでもリフレッシュが叶って、レースへ臨めるのかなと。広い東京へ舞台が変わるのは大歓迎なので、次走では良い精神状態でレースへ臨めるかどうかが結果を大きく左右しそうです。身体能力の高い馬で期待値は高い1頭ですが、なかなか思うように行かないのが悩ましいです。