焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

脚元がパンとしない中での2戦目での重賞挑戦。終わってみれば、上位勢に完敗でさすがに分が悪かったですが、内枠で窮屈な競馬を強いられながらも渋太く伸びて5着に食い込んだレース内容は十分合格点。潜在能力の高さを改めて証明する。★クールキャット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

土曜東京11R アルテミスS(芝1600m)5着(6番人気) 津村J

プラス14キロ。互角のスタートを切ると、中団馬群で脚を溜めます。直線に入ってから懸命に前との差を詰めると、約4ヶ月ぶりの実戦かつ初めての重賞挑戦で掲示板を確保しています。

奥村武調教師「挫跖の影響でクローバー賞を回避することになり、実戦から少し間隔が空いてしまったものの、レース内容は良かったですね。最後はヨーイドンの競馬になってしまったことで、やや分が悪かったかなと思いますが、今日は枠が枠でしたから自ら動いていくことも難しいですからね。その中で良く頑張ってくれました。初騎乗の津村騎手は『内枠で窮屈な競馬になってしまい、この馬の持ち味であるトビの大きいストライドを活かせませんでした。スパッと切れる訳ではないもののジリジリと脚を使って、重賞初挑戦で掲示板には載れましたので力はあると感じました。ゴール板過ぎてからもひと伸びありましたし、距離はもう少しあっても良いでしょう』とのことでした。まだ緩さがあって成長の余地がたっぷりありますので、今後も馬の成長に合わせて使っていければと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

久々、14キロ増で好馬体が目につく。中団、馬群の中で行きたがっていたが、何とか我慢が利いたことで終いは渋太く伸びてきていた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:3日に茨城県・セグチレーシングステーブルへ放牧/近日中に福島県・NF天栄へ移動予定
・調教内容:軽めの調整

奥村武師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、少しトモの踏み込みに甘さが感じられるものの、調整時からそういったところは見せていましたし、特に問題はないでしょう。それ以外にも異常は見当たらなかったので、心身のリフレッシュを図るため、3日に美浦近郊のセグチレーシングステーブルへ放牧に出させていただいており、近日中にNF天栄へ移動する予定になっています」(11/4近況)

⇒⇒7日に福島県ノーザンファーム天栄へ移動しています。(7日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 デビュー勝ちを決めた6月以来の実戦が重賞挑戦となったクールキャット。そしてこの中間に一頓挫あって順調さを欠くことがあったので、脚元がパンとせずに不安を抱える中での一気の相手強化。潜在能力に期待したのですが、さすがに分が悪かったという1戦になりました。

ただ、内枠で馬群に揉まれる形になってもファイトする気持ちがありましたし、Sペースからの瞬発力勝負でモタモタしながらも、最後まで渋太い伸びを披露とレース内容は合格点。外枠でスムーズに動くことが出来ていれば、もう少し肉薄できていたと思いますし。今回、上位勢には完敗でしたが、完成度の差が出たとも言えるので、その中で5着に食い込んだのは非凡なモノがある証。これで馬体・脚元がシャキッとしてくれれば楽しみなのですが…。まあ、当面は1戦毎に放牧を挟み、素質の芽を摘まないように大事に使っていくことが重要に思います。

レース後のクールキャットですが、トモの踏み込みにかったるい様子は窺えるも、歩様が悪くなっているということはなし。ひとまずホッとしました。そして今後は無理することなく、ここで一旦リフレッシュへ。一旦、美浦近郊のセグチレーシングステーブルへ移動し、馬房の都合がついた7日にNF天栄へ放牧に出ています。

デビュー戦からプラス14キロと馬体にも成長を感じましたし、奥行きのある血統。先々はホント楽しみな存在ですが、半兄トリオンフの脚元の故障に泣いたので、今の内から十二分に気を付けてもらい、大きな怪我だけはしないようにお願いします。