焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

スタートで他馬に寄られて手綱を大きく引っ張る不利が応える。その後、直線勝負に切り替えるも、道中の追走に余裕がなく、4角を回ってくる時は若干置かれ気味。直線は大外へ持ち出すも、ちょろっと脚を伸ばした程度で脚が上がってしまう。負け過ぎの感はあるも、今回は参考外の1戦。★ブロードアリュール


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ブロードアリュール(セ・尾関)父ゴールドアリュールブロードアピール

日曜東京10R 河口湖特別(ダ1400m)14着(6番人気) 横山武J

約1年ぶりの出走。シャドーロール着用。スタートで後手を踏み、道中は後方からの競馬となります。直線では大外に持ち出して追い出されたものの、目立った伸び脚は見られず、後方のままゴールしています。

尾関調教師「スタート直後に隣の馬に寄られてしまい、行き場を失くして下がる感じになってしまったことで、腹をくくって直線での末脚に賭ける競馬を選択することになりました。直線で追い出すと一瞬は反応してくれたのですが、そこから先は脚を伸ばすことが出来ませんでしたし、やはり1年ぶりの競馬が影響してしまったように思います。武史(横山武史騎手)には金曜日に跨ってもらって感触を確かめてもらっていたので、捌きには多少の硬さは感じたようですが、普段の歩様を知ってもらっていた分、競馬では特に気にならなかったということです。ただ、馬体重はこちらが思っていたよりも減ってしまって、マイナスでの出走になってしまいました。精神的に難しいところがあるタイプですし、最終レースでの競馬とあって、競馬場に着いてから時間があることで変にイライラしてしまい、体を減らしてしまったのかもしれません。東京コースとの相性が良いですし、出来れば東京開催中にもう1走させたいところですが、長期休養明けということを考えると、無理はさせない方が良いのかなと思っています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。太めなく仕上がる。発馬で外から寄られて腰を落とす不利。最後方追走から直線勝負も本来の伸びは見られなかった。参考外の1戦。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

尾関師「先週はスタートから後手に回ってしまい、加えて久々の実戦でしたから使える脚も一瞬でしたね。レース後はトレセンに戻って馬体を確認させていただきましたが、競馬前より脚元にモヤつきはあるものの、今のところ大きな問題は無さそうです。ただ、久々の競馬でこれからダメージが表面に出てくる可能性もありますし、もう少し様子を見させていただいてから、一旦リフレッシュする方向で考えています」(11/ 4近況)

⇒⇒6日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(6日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

骨折休養から約1年ぶりの実戦。丹念に時計を出してきたので太目感なくレースへ臨めたのは良かったと思います。ただ、今回はゲートが開いた後に他馬に寄られて手綱を大きく引っ張るロス。腰を少し落としたことでスムーズに挽回することも出来ませんでした。そこで横山武Jは腹を据えて直線勝負に切り替えましたが、道中の追走ぶりに余裕はなし。4角を回ってくる時は若干置かれ気味になっていたので、この時点で上位を窺う力は残っていないと思いました。実際、直線では大外から少し伸びた程度で早々に脚が上がり、よもやの14着に沈んでしまいました。

正直、もっとやれると思っていたので、ショックの大きい敗戦となりましたが、スタート後の不利が凄く痛かったですし、約1年ぶりの実戦というブランクで力んだ感じで追走していたのがスタミナのロスに繋がりました。競馬ブックの次走メモに書かれていたように参考外の1戦と割り切っても良いのかなと思います。

レース後のブロードアリュールですが、脚元を少しモヤっと見せているようですが、今のところは大丈夫。ただ、時間が経つ中で歩様に気になるところが出てくる可能性はあるので無理は禁物。6日にNF天栄へ放牧に出ています。今は脚元に疲れ・反動が出ていないことを願うしかありません。

また、今回のレースを見ると、本調子を取り戻すには正直時間は掛かりそう。ですので、今回の放牧では改めて心身のバランスを整えてもらい、無駄な力みをしっかり取り除いていって欲しいです。年が明けると7歳になりますが、キャリアはまだまだ浅いですし、上を目指せる馬。何とか復活してきてもらいたいです。