焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

1年前、骨折で出走が叶わなかった東京・河口湖特別で復帰。乗り込み量は豊富でいきなりから走れる仕上げ。揉まれにくい外枠も良いと思うのでスムーズなら1発あっても…。ただ、骨折で長く休んでいた事実があるので、まずは無事に走り終えてもらい、その中でまだまだやれるというところを見せて欲しい。★ブロードアリュール

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ブロードアリュール(セ・尾関)父ゴールドアリュールブロードアピール

日曜東京10R 河口湖特別(ダ1400m)7枠14番 横山武J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に南Wコースで時計

尾関師「28日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。先週とは異なり、道中はブロードアリュールが4馬身ほど古馬1勝クラスのクロミナンスを追走する形から、ゴール前で少し促しながら同入で終えています。この馬なりの動きを見せていたのかなと思いますが、多少体つきに余裕があるからか、やや勝負所でモタついていたところは気になりますね。ただ、こちらへ帰厩時から比較すれば、しっかり負荷を掛けてきたことで随分とシャープな体つきになってきましたし、素軽さも出てきましたよ。今週の追い切りを手伝っていただいた黛騎手も『ペースが上がっていくところで反応の鈍さはありましたが、直線での脚色などはとても良かったですし、長期休養明けのようですが動ける態勢だと思います。それに息遣いも悪くないですね』とコメントしてくれました。約1年ぶりの出走になりますから、まずは無事に帰ってくることが一番ではあるものの、得意の条件で結果も付いてきてくれればと思っています」(10/28近況)

助 手 25南W重 55.2- 40.3- 12.7 馬なり余力
 黛 28南W良 67.1- 52.7- 39.5- 12.4 G前仕掛け クロミナンス(古馬1勝)馬なりの内0.8秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京8日目(11月01日)
12R 河口湖特別
ダ1400メートル 3歳上2勝クラス 指定 混合 定量 発走16:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ヤウガウ 牡3 55.0 福永祐一
1 2 カフェクラウン 牡4 57.0 C.ルメール
2 3 アポロチーター 牡4 57.0 石川裕紀人
2 4 プリマジア 牡3 55.0 田辺裕信
3 5 コールドターキー 牡5 57.0 江田照男
3 6 プレイヤーズハイ 牡4 57.0 藤井勘一郎
4 7 アポロマーキュリー 牝6 55.0 津村明秀
4 8 オーロラテソーロ 牡3 55.0 内田博幸
5 9 ショウナンガナドル 牡4 57.0 池添謙一
5 10 メイショウウズマサ 牡4 57.0 岩田康誠
6 11 ロジシルキー 牝4 55.0 北村宏司
6 12 プロヴィデンス 牡3 55.0 北村友一
7 13 ヴィーナスフローラ 牝6 55.0 戸崎圭太
7 14 ブロードアリュール セ6 57.0 横山武史
8 15 タイキメサイア 牡5 57.0 松岡正海
8 16 ケイアイビリジアン セ4 57.0 大野拓弥

○尾関師 「クラスにメドが立ち、これからというところで骨折。大事を取って、しっかりと乗り込んできました。追い切りの動きはもうワンパンチ欲しかったですが、力は出せる仕上がりですし、メンバー次第では緒戦から上位争いは可能でしょう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

去勢手術を行った後、気持ちと体が噛み合ってくるのに少し時間を要したブロードアリュールですが、前々走で1勝クラスを快勝すると、再昇級となった前走では3着に早速好走。去勢した馬体に馴染んできて、ここからというところだったのですが、1年前の東京・河口湖特別へ向かうところで左前球節に捻った感じの腫れを確認。なかなかスッキリ見せなかったので3回ほどレントゲン検査を行った結果、種子骨に骨折線が入っていることが判明。全治9ヶ月以上の診断が下ってしまいました。

その後、NF空港へ戻り、休養生活を余儀なくされたブロードアリュール。騎乗運動を開始するまでは少し時間が掛かりましたが、じっくり取り組んできたことで騎乗運動再開後はすぐさま軌道に乗っていってくれました。暑さにもへこたれずにコツコツ乗り込みを果たすと、少し早めの9月24日に帰厩。1年以上レースを使っていないと、ゲート試験を再度受ける必要はありますが、ゲート試験は難なくクリア。その後は坂路とWコースで丹念に時計を出して、1年前は出走が叶わなかった東京・河口湖特別へ駒を進めてきました。気性の勝った馬なのでブランク明けでも力は出し切ってくれそう。この枠で外々を回らされると少し辛いところはありますが、少し周りを気にするところがあるので、揉まれにくいこの枠は好都合。スムーズにレースの流れに乗れれば1発あっても不思議ではありません。

ブロードアリュールは年が明けると7歳になりますが、今回で10戦目。数は全然使っていませんし、馬自体もまだまだ衰えは感じさせず。今後の伸びしろも見込めると思います。まあ、今回は骨折明けで約1年ぶりの出走。いきなりから欲張らず、まずは無事に走り終えてもらい、まだまだ健在というところを示して欲しいです。