焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

阪神の開幕を待っての3戦目。状態は高いレベルで安定していますし、追い切りの内容も合格点。母の背中を知っている福永Jを鞍上に迎えて巻き返しは十分可能。あとは馬場の悪化が進まなければ良いのですが…。☆ロードラスター

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラスター(牡・千田)父リオンディーズ 母スターコレクション

11月7日(土)阪神4R・2歳未勝利・芝1800mに福永Jで出走します。11月4日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン70.7-54.2-39.3-12.6 6分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を通って首先着。追い切りの短評は「気合乗り上々」でした。発走は11時40分です。

○千田調教師 「11月4日(水)も及第点の内容。福永騎手とのコンビで今週の阪神へ行きましょう。デビュー戦で2着。普通にさえ走れば巻き返しが可能だと思います。前回ぐらいのスタートならば、ある程度の位置で運べるはず。良馬場で改めて・・・ですね」

≪調教時計≫
20.11.04 助手 栗CW良 70.7 54.2 39.3 12.6 馬なり余力 ダノンロイヤル(古馬3勝)馬なりの内首先着

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回阪神1日目(11月07日)
4R 2歳未勝利
芝1800メートル 指定 馬齢 発走11:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ウインヴァカンス 牝2 54.0 和田竜二
2 2 ヴァジュランダ 牡2 55.0 岩田康誠
2 3 トーホウワールド 牡2 55.0 太宰啓介
3 4 ディヴァインラヴ 牝2 54.0 幸英明
3 5 ノーブルアイランド 牡2 55.0 中井裕二
4 6 フレイミングサン 牝2 54.0 藤岡佑介
4 7 ショウナンガニアン 牡2 55.0 浜中俊
5 8 プレリュード 牝2 51.0 泉谷楓真
5 9 サイモンギザ 牡2 55.0 坂井瑠星
6 10 テイエムマグナム 牡2 55.0 鮫島良太
6 11 カフジアスール 牡2 54.0 団野大成
7 12 マイネルクハージュ 牡2 55.0 国分優作
7 13 シゲルシャイン 牡2 55.0 酒井学
8 14 ロードラスター 牡2 55.0 福永祐一
8 15 シゲルカイチョウ 牡2 55.0 松若風馬

○千田師 「前走は道悪と久々の影響がありました。上積みが見込めるし、動きもいいですよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

稍重のデビュー戦で2着と結果を出していましたし、母も意外と道悪は大丈夫だったので、前走のロードラスターには距離(2000m)を心配していましたが、実際は渋った馬場に脚を取られ、勝負どころのペースアップで追走に余裕がなくなってしまうと、最後は脚を伸ばすことが出来ずに7着と力尽きてしまいました。また、距離に関しても、気持ち長かったと思います。

前走後は在厩調整を続け、中1週のローテで先週の競馬にも出走の意思はありましたが、馬場の悪化を嫌って自重。開幕週で馬場の良い阪神開幕週に矛先を向けてきました。

中間の調整・デキに関してですが、追い切りでは引き続き軽快な動きを披露。前走できっちり仕上がっていたので使った上積みは少ないかもしれませんが、前走時のデキは間違いなくキープ。詰めて使うことで末脚の踏ん張りが増せば良いのですが…。

3戦目の鞍上は母スターコレクションの背中を知っている福永J。前走でもコンビ結成予定でしたが、直前で番組を変更したので、福永Jから川須Jにスイッチすることに。1度乗って欲しいと思っていたので、3戦目でのコンビ結成は嬉しい限り。2歳戦での信頼度の高い騎手ですから。

前走では五分のスタートからほぼ正攻法の競馬となりましたが、デビュー戦のような息の長い末脚を繰り出せるのがラスターの長所だと思います。今回はワンターンの競馬ですし、出たなりの位置でまずは折り合いに専念。勝負どころからじわじわ進出していき、最後は持ち前の末脚を引き出してもらえればとイメージします。まあ、福永Jも色々考えて乗ってくれると思うので、お任せするのみです。

相手関係に目を遣ると、道悪で前走結果を残しているフレイミングサン・ディヴァインラヴが1歩リードかなと思いますが、粒はそこまで揃っていないので、自分の競馬に徹すれば、前走の7着からの巻き返しは十分可能。ただ、今回も雨模様で馬場が渋りそう。開幕週の分、我慢は出来るかもしれませんが、嫌な流れになってきているのは気掛かり。率直なところ、期待半分・不安半分でレースを見守ることになりそうです。