焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

じっくり立て直してリフレッシュ完了。荒れてきた馬場を克服する必要はあるも、未完成な現状でも未勝利では上位の存在。マイルへの距離短縮もプラス。あとは3戦連続での騎乗となる福永Jの手腕に未勝利脱出を託したい。☆ロードラスター


f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラスター(牡・千田)父リオンディーズ 母スターコレクション

1月31日(日)中京5R・3歳未勝利・芝1600mに福永Jで出走します。1月27日(水)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。発走は12時20分です。

○千田調教師 「1月27日(水)はラストに軽く気合いを付ける形。立て直した効果が感じられるでしょう。戦績からも上位の存在。ただ、綺麗なコースが合うタイプなので・・・。当日の馬場状態がポイントですね」

≪調教時計≫
21.01.27 助手 栗CW不 53.2 39.4 12.0 馬なり余力

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中京10日目(01月31日)
5R 3歳未勝利
芝1600メートル 馬齢 発走12:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エレグア 牡3 56.0 鮫島克駿
1 2 リオンジャック 牝3 54.0 北村友一
2 3 ロードラスター 牡3 56.0 福永祐一
2 4 ロレンツォ 牡3 56.0 藤岡佑介
3 5 アイドゥ 牝3 54.0 小崎綾也
3 6 スマートワン 牡3 56.0 坂井瑠星
4 7 ヴィスナー 牝3 54.0 M.デムーロ
4 8 セリシア 牝3 54.0 松山弘平
5 9 ワールドバローズ 牡3 56.0 和田竜二
5 10 インワンシティング 牡3 56.0 岩田望来
6 11 ブリューナク 牡3 56.0 吉田豊
6 12 オメガクラージュ 牝3 53.0 富田暁
7 13 ケイカイ 牡3 55.0 団野大成
7 14 サンライズヘリオス 牡3 56.0 幸英明
8 15 ブラッシングリー 牝3 54.0 松若風馬
8 16 ユウファースト 牡3 56.0 岩田康誠  

○千田師 「少しですが幅が出て戻ってきました。成績からも勝ってもおかしくない馬ですから」(競馬ブック

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦と未勝利戦で2度の2着を経験しているロードラスター。福永Jも背中の良さを褒めてくれるなど将来性を感じさせる一方で、緩さが残ったり、内面がパンとしてなかったりと弱さ・未完成さも目立ちます。

前走は未勝利戦での2着を受け、中1週のローテで勝ち上がりを目指しましたが、レース前に危惧したところ詰まったローテが見事に裏目。道中、出たなりの位置で脚を温存し、進路を確保して直線に向くことが出来たのですが、いざ追われてからがサッパリ。見た目は良い感じに映ったのですが、目に見えないところで疲れが蓄積していたんでしょう。掲示板を外してしまったのはちょっとショックでした。

レース後、左前脚球節に幾らか腫れが出ましたが、軽度の捻挫・打撲という見立て。幸い、大事には至らず、時間の経過と共に症状は緩和してくれました。ただ、優先権を逃したこと+無理を避けるために滋賀・グリーンウッドへ放牧に出されました。

グリーンウッドでは千田師の『慌てなくてOK』と助言を受け、まずは時間をかけて馬体を解し、減った馬体重の回復を専念。十分、疲れを取り除いてからは運動量を重視した調教メニューを組み、普通キャンターで長い距離を乗り込んできました。その結果、心身の成長が促され、馬体面では少し幅が出て、帰厩することが出来た様子。

また、帰厩後の追い切りはビシビシとはやられていないも、動きは軽快で余力も十分。立て直した効果は間違いなく大きいです。そして今回は前走から1ハロン短縮のマイル戦での出走。追って幾らか甘いところがあったので、これもプラスに出てくれると思います。

あとは相手関係とタフな馬場になっている今の中京コースが合うかどうか。トビの綺麗なフットワークなので歓迎ではないでしょうが、コース取り等に関しては福永Jの手腕に託すのみ。今回で3戦連続での騎乗となりますし、前2走もレース運びに関してはほぼ完璧。右回りでは内へモタれる面があったので、左回りでも内へモタれる可能性は高いですが、左回りで走りがスムーズになる可能性もあります。

ライバルになってくるのは先行力のあるセシリア・ワールドバローズあたりでしょうか。粘り腰は侮れませんが、目標にしながらレースを進められるのは優位かと思います。

まずは崩れた前走から巻き返しもらわないといけませんが、上を目指して行ける馬なので好材料が揃った今回。チャンスをしっかりモノにして未勝利脱出を決めて欲しいです。