焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

早い段階から水準以上の動きを見せ、非凡な脚力を秘めるのは確か。ただ、テンションの高いところがあるので、初めての実戦で落ち着いて走ることが出来るかが鍵。能力的には勝ち負けできる筈ですが…。☆アナンシエーション


f:id:yakifish:20200513045835g:plain アナンシエーション(牡・手塚)父Union Rags 母Acquant

土曜東京6R メイクデビュー東京 2歳新馬(ダ1600m)2枠3番 C.ルメール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に南Wコースで時計

手塚師「28日に南Wコースで追い切りを行いました。先週よりもWコースの馬場が重くなっているので、全体や終いの時計は先週と比べて少し遅くなってしまっていますが、最後まで軽快なフットワークで走れていて動きは悪くなかったと思います。デビュー戦ということもあり、ビッシリと仕上げ切った感じではなく、馬体には少し余裕を持たせていますが、調教での動きからは十分走れる態勢は整っていると見ています。これまで何度か併せ馬を行ってきたノーリスという馬が、先週の新馬戦で差のない3着に入りましたし、追い切りではそれに見劣りしない動きを見せていたことを考えると、アナンシエーションも稽古通りに走れれば勝ち負けになるはずなので、良い結果を残せるように頑張ってもらいたいですね」(10/29近況)

助 手 25美坂重 57.9- 42.6- 28.0- 13.9 馬なり余力
石川裕 28南W良 68.7- 54.2- 40.3- 12.9 馬なり余力 コンソレーション(二未勝)馬なりの内0.6秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京7日目(10月31日)
6R メイクデビュー東京 2歳新馬
ダ1600メートル 指定 混合 馬齢 発走13:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アラベスクパンシェ 牝2 54.0 横山和生
1 2 キタノウズシオ 牡2 55.0 野中悠太郎
2 3 アナンシエーション 牡2 55.0 C.ルメール
2 4 ノアウィンザー 牡2 55.0 柴田善臣
3 5 スペック 牡2 55.0 武藤雅
3 6 サニーサンピング 牡2 55.0 石川裕紀人
4 7 フィールザワールド 牡2 55.0 北村宏司
4 8 ミツカネジュピター 牡2 54.0 木幡育也
5 9 ミッションレール 牡2 55.0 内田博幸
5 10 アポロドリーム 牝2 54.0 横山武史
6 11 シザースフェイント 牡2 55.0 大野拓弥
6 12 タイセイシェダル 牡2 55.0 岩田望来
7 13 アメリカンエール 牡2 55.0 戸崎圭太
7 14 ナイトフローリック 牡2 55.0 M.デムーロ
8 15 チェリーベルツ 牝2 54.0 吉田隼人
8 16 サンエルセントロ 牡2 55.0 松岡正海

○手塚師 「少しカリカリしているが仕上がりはいいし、外国産馬らしいスピードもあるので」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回の追加募集時、四白流星のカッコいい姿に惹かれて出資を決めたのがアクウェイントの18ことアナンシエーション。柔らか味に欠けるも、前向きで推進力のある動きを披露。前脚をたぐる走法なので、やはりダートでこそのタイプだと思います。

育成時のアナンシエーションは迫力ある動きを見せる一方で、人間に対して少し反抗する面が見られ、ハミ受けが雑。その為、鞍上との息が合わず、テンションは高め。牡馬らしく、ドーンと構えることが出来れば良いのですが、精神面のゆとりに欠けるタイプなので初めての実戦で舞い上がる可能性は高いかと思います。

当初からの課題は改善できていない現状ですが、育成時の乗り込み等は概ね順調に消化。そして7月15日に美浦・手塚厩舎に初入厩。ゲートに関しては、我の強いところが少し足を引っ張りましたが、一応、ゲート試験1回目で合格。ただ、暑さから夏バテ気味。四肢に浮腫みが見られることもあり、その後はNF天栄で立て直すことになりました。

四肢の浮腫みに関しては、時間の経過と共に改善されてきましたが、調教を重ねていった際、今度は左前脚に少し張りが見られるように。エコー検査の結果、大事には至っていませんが、その後もスッキリとは見せないので、この点に関しては常に気に掛け、入念なケアは欠かせないと思います。

再入厩後は4回東京開催での出走を目指し、追い切りを本格化。早い段階から水準以上の動きを見せ、ひと追い毎に動きは良化。最終追いの動画を見ると、ハミ受けはもう1つで行きたがる面は残りますが、ブレることなくしっかりした脚取りで駆けているのは好印象。意外に脚取りは素軽く、スピードはありそう。楽しみな脚力を秘めています。

ただ、デビューの舞台となる東京・ダ1600mは若干長い気もしますし、芝スタートがどうか。リズム良くダートへ入れば、能力を発揮してくれると思いますが、ゲートを含めて序盤の走りが1つ課題になってくるかと思います。まあ、そこは鞍上の手腕でカバーしてもらえればと思います。

相手関係に目を遣ると、抜けた存在はいないも、粒の揃ったメンバー構成。馬体に少し余裕が残るので、1度使えば更に動けると思いますが、追い切りで併せ馬を行ってきた馬の成績からも、デビュー戦から十分勝ち負けできる素材であるのは確か。まずは今後にキラッと光るモノを見せてくれれば思いますが、デビュー勝ちを決めて前途洋々と行きたいです。