焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

馬体重を大きく増やして臨んだ前走はキレ負けするも2着。鞍上の進言でダートへ矛先を向けるも、適性は高いと思う。砂を被った際に嫌気を差す可能性はあるも、前々でレースの流れに乗り、早め先頭で後続の追撃を封じ込めて欲しい。☆ポレンティア

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ポレンティア(牝・田中博)父ハーツクライ 母ポーレン

土曜東京7R 3歳上1勝クラス・牝馬(ダ1600m)2枠2番 柴田善J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に坂路コースで時計

田中博師「28日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はポレンティアが障害OP馬を追走する形から、最後は併入で終えています。レースでも騎乗予定の善臣さん(柴田善臣騎手)に感触を確かめてもらいましたが、『1度レースを使ったことで、中身は確実に良くなってきていますね。改めて乗りましたが、走法的にはダートは合うと思います。実戦で砂を被った時にどのような面を見せるかによるものの、この精神状態であれば問題ないでしょう』と好感触を持ってくれました。ウィークポイントのトモも前走以上に良くなってきて、体の使い方にも柔らかさが出てきましたから、今の良い状態でどれくらいやれるか楽しみにしています」(10/29近況)

助 手 25美坂重 56.7- 41.2- 27.3- 13.2 馬なり余力
柴田善 28美坂良 55.8- 40.0- 25.1- 12.0 馬なり余力 エジステンツァ(障オープン)馬なりを0.6秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京7日目(10月31日)
7R 3歳上1勝クラス
ダ1600メートル 指定 牝馬 定量 発走13:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 セイウンシェリー 牝4 55.0 武藤雅
2 2 ポレンティア 牝3 53.0 柴田善臣
3 3 カイトレッド 牝3 53.0 M.デムーロ
4 4 グレイスアン 牝4 55.0 岩田望来
5 5 ガルナッチャ 牝3 53.0 横山和生
6 6 ケイティマドンナ 牝4 52.0 原優介
6 7 アドアステラ 牝4 55.0 柴田大知
7 8 ジェロボーム 牝3 53.0 戸崎圭太
7 9 モノポリーアイズ 牝3 53.0 横山典弘
8 10 プリモダヴィンチ 牝4 55.0 江田照男
8 11 セイウンヒロイン 牝3 53.0 石川裕紀人 

○穂刈助手 「芝では切れ負けしているし、鞍上もダートの方が合いそうと。条件が替わるけど、ここも好勝負できると思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NF早来で夏場しっかり立て直してきたことで、前走の新潟戦では28キロの大幅増で出走となったポレンティア。レースに関しては、最後の直線でカラ馬が少し邪魔になりましたが、好位追走からひと踏ん張りして2着。距離を縮めたことも良かったと思いますし、改めて能力を秘めることを確認。また、レース後、今回も手綱を取る柴田善Jから『走法的にはダートの方が良いかもしれない』との進言がありました。個人的にも攻めは動く方ですし、前脚を叩きつける走法から、ダートを早く試して欲しかったので、このコメントはホント嬉しかったです。

その前走から中2週のローテで臨む今回。ソフトな追い切りで臨むので、デキに関しては一抹の不安はあるも、動き自体は良好。素直に叩いた上積みを見込めたいです。初めてのダートなので、砂を被りにくい・揉まれない外枠が良かったかなと思いますが、偶数枠+芝スタートで行き脚はつきそう。元々、レースセンスの良い馬ですし、逃げ馬を前に見る形で3~4番手で追走できればと思います。また、ライバルになる馬達は差し・追い込みタイプなので、最後の直線では早めに先頭に立って、後続の追撃を封じてもらえればと思います。まあ、その点は連続騎乗となるベテラン・柴田善Jにおまかせです。

繊細な牝馬なので砂を被って嫌気を差す可能性はありますが、能力的に1勝クラスでは上位ですし、ダート自体は合う走り。ここはしっかり勝ち切って、まだまだ上を目指せるような走りを見せて欲しいというのが率直なところ。期待しています。