焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

想像以上の大幅増での出走も、背が伸びて太目感なし。勝負どころからの反応・手応えは正直良くなかったも、直線で追われるとフラフラしながらも渋太い末脚を披露。カラ馬に絡まれながらも2着争いを制したのは立派。また、レース後、ダートに使うことを進言してくれたのは1番の収穫。☆ポレンティア

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ポレンティア(牝・田中博)父ハーツクライ 母ポーレン

土曜新潟8R 3歳上1勝クラス(芝1600m)2着(3番人気) 柴田善J

プラス28キロ。大外枠からスタートを決めると、リズムを守って5番手辺りでの追走となります。直線に入り、外目からしっかりと脚を使うと、初の左回りコースで2着と健闘しています。

田中博康調教師「体重が大幅に増えていましたが、決して太くは映らなかったですし、むしろこれだけ増えていたのにやや薄いくらいでしたね。しっかり休ませて中身は良くなってきている一方で、それに対して体の成長はまだ追いついていないような感じです。特に右トモの弱さを抱えているので、踏み込みの力強さという点では期待が高いだけに物足りません。レースに関しては善臣さん(柴田善臣騎手)が理想的な競馬をしてくれて、2着と敗れはしたものの、現状の力は出せたのかなと思います。瞬発力勝負になってもある程度対応は出来ましたし、スムーズな競馬さえしてくれればこれだけやれますから、やはり能力はある馬です。善臣さんのコメントは『過去のレース映像を観ましたが、もう少し距離が短い方が良いのかなと思っていました。ただ、トモの嵌まりや手前替えが上手くないですから、それらを考慮するとこれくらいの距離でゆったり運べる方が良さそうですね。乗る前と乗った後のギャップはあったものの、まずまず内容のある競馬でした。あとは叩きつけるような走りをしていたので、いずれはダートを試してみるのも良いかもしれませんね。まだこれから良くなる余地のある馬です』との事でした。この後についてはトレセンに戻ってからの状態次第にはなるものの、優先出走権を獲ることが出来ましたので、このまま続戦させることも視野に入れています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

大幅馬体増は気掛かり。いい位置で流れに乗って、馬場の中ほどで、最後はカラ馬を含めて横1列の争い。外の勝ち馬に差されながらも渋太く伸びて2着。久々で地力を示したと見たい。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

田中博師「先週は勝ち馬には少し離されましたが、しっかりと2着を獲ることが出来ましたし、休み明けを考えれば良く走ってくれています。こちらに戻って馬体を確認したところ、今のところ目立ったダメージは無さそうですね。明日から乗り運動を始めてその後も変わりないようであれば、このまま続戦したいと思います。善臣さん(柴田善臣騎手)が『走法的にはダートの方が良いかもしれない』と言っていましたし、ダートの番組も視野に入れて考えたいと思います」(10/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

良いところなく敗れた前走後、NF早来で時間を掛けて立て直されてきたポレンティア。前走時は追い切りの動きにも冴えがなかったですが、今回はトモの具合を考慮してビシビシとはやられていないも、丹念に追い切りを消化。元々、攻めは動く方ですが、時計以上に余力を感じさせる動きを見せてくれていました。長い直線の新潟コースが果たして合うのかという不安はありましたが、状態面は前走と雲泥の差。改めてどこまでやれる力があるのかを知りたいと思っていました。

レース前から馬体重が大きく増えていることを示唆されていましたが、当日発表された馬体重は想像以上に増えていてプラス28キロ。逆に心配になるほどでしたが、ポレンティアは幅が出たというよりは背が伸びた印象。馬格からこれぐらいあっても不思議ではないので、ほぼほぼ成長分と見て良いと思います。

レースは好スタートから出たなりの位置で追走。大外枠だったので外から被されることなく、リズム良く走れていたと思います。ただ、4角を回ってくる時は外へ膨らみ気味で、ペースアップに対して押っつけながらの追走。前走のように直線で垂れてしまうことが頭を過ぎりました。実際、直線での走りは良いとは言えず、早くから鞍上の鞭が入る有り様。外からカラ馬に絡まれる形になったも辛かったですが、鞍上の柴田善Jの叱咤激励にフラフラしながらも、じわじわ加速。大外から勝ち馬がスコーンと抜けていきましたが、失速しそうになりながらも懸命に我慢。最後はこれまで戦ってきた相手が違う経験値が生きたのかなと思います。あとはトモの嵌りが良くなって、前と後ろが連動した走りになってくれば推進力が出てくるのでしょう。

レース後のポレンティアですが、一生懸命走り切った割に疲れ・反動が出ていないのは何より。このまま在厩で調整を進め、次走へ向かうことになりました。

あと、個人的な収穫とすれば、柴田善Jが『(前脚を)叩きつけるような走りをしていたので、いずれはダートを試してみるのも良いかもしれません』とコメントしてくれたこと。走法と攻めが動くことから早くダートを試して欲しかったので、それがようやく叶いそうなのが嬉しいです。番組表を見ると、31日の東京に牝馬限定・ダ1600mが組まれているので、次走は是非ともここを狙ってもらいたいです。