焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

在厩調整では結果を出せていないも、中2週のローテでも今回の調整は入念。精神面で難しい面を見せていなければ走れそう。決め手勝負では分が悪いので、好枠を生かした早め抜け出しの戦法で粘り込みを図って欲しい。ベテラン柴田善Jの手腕に期待。☆ポレンティア


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ポレンティア(牝・田中博)父ハーツクライ 母ポーレン

土曜東京7R 4歳上1勝クラス(芝1600m)2枠4番 柴田善J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3日に南Wコースで時計

田中博師「3日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3歳未勝利馬のアイアゲートを2馬身追走して、直線では内から反応良く伸びてくると、最後は同入で終えています。レースでも騎乗予定の善臣さん(柴田善臣騎手)に感触を確かめてもらいましたが、『前回乗せてもらった時よりも前向きさがあって、自分で進んで行こうとする意志を感じました。調教内容はとても良かったですよ』とコメントいただきました。今週の調教を見ても、1度レースを使ったことが、心身のバランスに良い方へ作用している感じはしていますね。それに、前走はスタート後の不利や直線で行き場を無くすなど、この馬の力をフルに発揮することが出来ない中で掲示板を確保したように力はありますし、スムーズに運べれば勝ち負けになってくるでしょう」(2/4近況)

助 手 31美坂良 57.8- 42.6- 27.5- 13.6 馬なり余力
助 手 2美坂稍 62.8- 46.2- 30.3- 14.7 馬なり余力
柴田善 3南W稍 53.6- 39.1- 13.0 馬なり余力 アイアゲート(三未勝)馬なりの内0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回東京3日目(02月06日)
7R 4歳上1勝クラス
芝1600メートル 混合 定量 発走13:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アルファウェーブ せ4 57.0 杉原誠人
1 2 アドゥシール 牝5 55.0 柴田大知
2 3 アオイクレアトール 牡4 57.0 戸崎圭太
2 4 ポレンティア 牝4 55.0 柴田善臣
3 5 シンハリング 牝4 55.0 C.ルメール
3 6 レッドアダン 牡4 57.0 M.デムーロ
4 7 ニシノゲンセキ 牡6 57.0 大野拓弥
4 8 オルテール 牡4 56.0 内田博幸
5 9 ノーエクスキューズ 牡4 57.0 北村宏司
5 10 ナタンドラ 牝4 55.0 石川裕紀人
6 11 カンパーニャ 牡5 54.0 原優介
6 12 トライフォーリアル せ4 57.0 木幡巧也
7 13 バルトリ 牝4 55.0 横山武史
7 14 ナリノクリスティー 牝4 55.0 津村明秀
8 15 ドラウプニル せ5 57.0 石橋脩
8 16 アドマイヤチャチャ 牝4 55.0 三浦皇成

○穂刈助手 「前走は大外枠で流れに乗り切れなかったけれど、5着と通用するところは見せた。東京替わりでいい結果を出して欲しい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走ではスタート後に他馬に寄られて、後方からの競馬を余儀なくされたポレンティア。C.ルメールJは道中で下手に動かず、内目に入れることで馬群で脚を溜めることに専念。勝負どころからじわじわ外目に進路を切り替えて行きました。

ただ、レースはSペースで馬群がひと塊という形になったので、直線で進路を見い出すのに一苦労。進路が出来てからは反応鋭く伸びてくれたのですが、5着確保までが精一杯。結果はちょっと物足りないですが、最後まで集中力を切らさずに脚を伸ばすことが出来たのは収穫かなと思います。

その後は在厩調整を続け、中2週のローテで臨む今回。放牧を挟んでリフレッシュした状態で出走させた方が良いタイプなので状態面で心配はありますが、今回は間隔が詰まっている割に時計になるところを多く乗っているので馬体面での不安はなさそう。あとは精神面でマイナスな気持ちが働いていないかどうかでしょう。コメント等からは雰囲気は良さそうなのですが…。

相手関係に目を遣ると、走りやすい舞台でもあるので、半年以上の休養明けになるも、実績を残しているアオイクレアトールや血統馬のシンハリングなど力を秘める馬がチラホラ。前走で先着を許したレッドアダンも出走しています。ポレンティアは決め手の鋭さよりも立ち回りの上手さで上位を窺う存在なので、がっぷり組み合った形での競馬になってしまうと分が悪そう。

個人的には負けはしましたが、3走前の新潟戦で好位追走から早めに抜け出しを狙った競馬を期待。直線で渋太さを発揮して欲しいです。そしてその時の鞍上が今回乗ってもらう柴田善J。追い切りで状態を確かめてもらっていますし、ポレンティアと息の合った走りで前走以上の結果を期待。後入れで前に壁を作りやすい内目の偶数枠は絶好と言えるので、直線で早めに内からスルスル抜け出していって粘り込みを図ってもらいたいです。