焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

20日に栗東・友道厩舎へ帰厩しています。☆ヴェルトハイム

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム(牝・友道)父ロードカナロア 母ワイルドココ

2020.09.24
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○友道調教師 「9月20日(日)に戻ったばかり。24日(木)は15-15程度です。馬体が成長。まだ幾らか余裕が感じられるだけに、徐々にペースを速めて行きましょう。仕上がり具合を見ながら目標を定められれば・・・と。1ヶ月ぐらいは必要かも知れません」

2020.09.22
9月20日(日)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「移動の段取りが組まれ、9月20日(日)に栗東へ。ある程度まで乗り進めており、対応できる状態でしたからね。まだ良化の余地を残す印象ながら、ひとまずは無事に送り出せて一安心。ぜひともデビューへ向けて頑張って欲しいと思います」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート試験を突破し、その後は滋賀・グリーンウッドでトモの強化に努めてきたヴェルトハイム。約4ヶ月間、クタッとすることなく、淡々と乗り込むことが出来たのは何より。栗東から近いということで頻繁に厩舎スタッフが訪れていたようで、色々と指示を仰げたのも大きいかなと思います。そして9月20日に栗東・友道厩舎へ戻ってきました。

前回の滞在(初入厩時)はゲート試験合格までの約1週間だったので、栗東へ馴染む前にグリーンウッドへ出た感じなので、まずはトレセンという新しい環境に慣らしてもらえればと思います。そしてピリピリしやすい母系なので、ゆとりを持たせてから、追い切りの負荷を高めていきましょう。

背中の良さは募集馬の中でナンバーワンと言われたヴェルトハイム。まだまだ未知な部分は大きいですが、血統馬らしい片鱗を徐々に示してもらい、その評価が間違いではないことを証明してもらいたいです。