焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

頑張ってもらわないといけない1頭ですが、レースが近づくにつれて不安な面が気になってしまう。仕上がり自体は良さそう。大味な競馬は避け、先々に繋がる走りを見せて欲しい。そこに結果が伴ってくれればベストですが…。☆ドゥラモンド

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド(牡・手塚)父ドゥラメンテ 母シーズインクルーデッド

土曜福島5R メイクデビュー福島 2歳新馬(芝1800m)6枠9番 D.レーンJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:8日に南Wコースで時計

手塚師「8日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。同じ新馬と併せましたが、少し遅れを取ってしまったように、直線では相手の方に勢いがありましたね。それでも、時計的には十分なものを消化できましたし、調教を手伝ってもらった裕紀人(石川裕紀人騎手)の感触も良かったですよ。この時期ということもありまだ馬体には緩さを残しますが、調教でのフットワークにはキラリと光るところがありますし、切れる脚を使えそうな感じがしますね。ですので、出来れば良馬場で走らせたい気持ちがありますし、馬場状態だけがどうなるか心配ですが、良いモノを持っていると思っていますから、初戦から良い結果を期待したいところです」(7/9近況)

石川裕 8南W重 68.5- 53.1- 38.7- 12.5 馬なり余力 ウインザナドゥ新馬馬なりの外0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回福島3日目(07月11日)
5R メイクデビュー福島 2歳新馬
芝1800メートル 指定 馬齢 発走12:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ロスコフ 牡2 54 田辺裕信
2 2 トロワエスポワール 牡2 54 三浦皇成
3 3 マイネルキュリアス 牡2 54 野中悠太郎
4 4 ロリポップ 牝2 52 菅原明良
4 5 フクウン 牡2 54 石川裕紀人
5 6 ナヴィリオ 牡2 54 石橋脩
5 7 トラハト 牝2 54 江田照男
6 8 ヒットザシーン 牝2 54 柴田大知
6 9 ドゥラモンド 牡2 54 D.レーン
7 10 ヤマノグリッターズ 牡2 54 蛯名正義
7 11 ゴールドベレー 牡2 54 北村宏司
8 12 セルジュ 牡2 54 横山典弘
8 13 ヴォスペランツァ 牡2 53 菊沢一樹

○手塚師 「稽古はしっかりやっていい仕上がり。極端に馬場が悪くなってどうかだろうが、機動力はある馬だから。小回りコースでも」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

種牡馬ドゥラメンテ産駒・ドゥラモンド、セレクトセール前に白星届ける。(スポーツ報知より)

種牡馬ドゥラメンテ産駒のドゥラモンド(牡、美浦・手塚厩舎)が、11日の福島5R(芝1800メートル)でスタンバイしている。父の産駒は延べ17頭の出走で1勝にとどまるが、15年2冠馬のポテンシャルは計り知れない。

来週13、14日に開催されるセレクトセールに向けても父に勝利を届けたいところ。今年のクラシック戦線にも活躍馬を送り込んでいる手塚調教師は「好素材。普通なら勝つレベルにある」と潜在能力の高さを感じ取る。

8日の最終追い切りでは、美浦・Wコースで5ハロン68秒5―12秒5。併せたウインザナドゥ(2歳新馬)には1馬身遅れたとはいえ、バネの利いた走りで動きはいい。「仕上がっている。乗り手に従順でしっかり反応できるタイプ」と手塚師。レーン騎手を配して、必勝態勢で挑む。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

軽い頭部に対して立派なトモ。それに品のある顔付きと雰囲気の良さに一目ぼれしたのがシーズインクルーデッドの18ことドゥラモンドです。1番欲しかったので作戦を立てることなく抽優馬として申し込みましたが、最終的には牡馬では1番の申し込み口数(全体では3番目)でしたし、抽優数も牡馬では1番(全体では4番目)。ここまで競争が激しくなるとは想定外でしたが、何とか縁があって出資することが出来ました。

ドゥラメンテ産駒に多く見られるように繋ぎは立ち気味ですが、育成時に前脚に不安は出ることなく、与えられたメニューを着実に消化。調教動画の走りも早い段階から目立っていましたし、見た目の完成度は高いのかなと思います。大きなトラブルを経験することなく、3月末には美浦・手塚厩舎へとやってきました。

競走馬としての最初の課題はゲート試験の合格。この父なので多少手こずることを覚悟していましたが、一気に詰め込むのは避け、悪いスイッチを押さないように慎重に慣らしていき、入厩して約3週間でゲート試験に挑戦。無事1発で合格することが出来ました。ただ、全体的に緩さが目立ち、体力不足というジャッジからNF天栄へ移動して、鍛え直されることとなりました。入厩当初は6月の東京開催でのデビューと言われていましたが、仕上がり・成長具合を見て福島でのデビューへ予定変更。期待の1頭ですが、予定変更等にだんだんと不安を覚えるようにもなりましたが、コツコツ乗り込むことでこの馬なりに上昇。先月10日に再入厩を果たすと、ここへ向けて淡々と追い切りを重ねてきました。

追い切りの時計・動きに関しては、目立っているとは言えないも、映像を確認すると真面目に駆けているのは○。まだまだ芯が入っていないので、もう1段ギアが上がってこない感じですが、トビの綺麗なフットワークをしています。乗り手の感触から素質を秘めているのは間違いありませんが、デビュー戦から能力全開できるかとなると正直不安も。また、雨が続いているのでパンパンの良馬場での競馬は難しそう。繋ぎが立ち気味なので道悪が全くダメとは思えないも、完成度の高い馬やパワー型の馬と比較すると分が悪そう。内臓面で弱さを残し、華奢な造りなのも心配材料です。

将来的にはOPで活躍し、重賞に手が届くような馬になって欲しいドゥラモンドですが、レースが近づくにつれて不安な面に目が行きます。能力と鞍上の手腕でどこまでやれるかですが、大味な競馬はせずに先々に繋がる走りを見せて欲しいです。その中で結果が伴ってきてくれれ最高なのですが…。まずは無事に走り終えてもらいたいです。