焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

28日に美浦・池上厩舎へ入厩しています。☆ロッシェノワールの18

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロッシェノワールの18(牝・池上)父カレンブラックヒル

・在厩場所:28日に美浦池上昌和厩舎へ入厩 

早来担当者「この中間も坂路と周回コースの調教を行っていました。坂路調教では以前よりもコントロールが利いており、乗り手との意思疎通がしっかり図れるようになりましたし、気性面の成長を感じました。また、動きに関しては相変わらず安定感があり、乗り手の評価が高い1頭でした。周回コースではややペースを上げて、より実戦に近い形で進められていましたが、息の入れ方などは問題ありませんでした。心身共に良い状態で送り出せましたから、あとは長距離輸送で体が大きく減らないと良いですね。こちらでの馬体重は452キロでした」(5/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回追加募集馬ではバランセラの18が1番乗りで入厩していますが、私が出資したロッシェノワールの18も順調に乗り込みを継続することが出来、28日に美浦へやってくることとなりました。

調教師のコメントではなく、牧場スタッフの声で入厩の初報告されるのはレアケースでしょう。ロッシェノワールの18は牝馬らしくピリッとしたところはあるも、基本は真面目な性格で物覚えは良さそうに思います。あと今週発売の競馬ブックに2歳の注目馬がズラッと紹介されていますが、その最後の方に同馬に対する池上師のコメントがあって、祖父のダイワメジャーに似た特徴が強く出ている印象があるとのことでした。

まずはトレセンという新しい環境に慣れてもらい、輸送で減った馬体をフックラと。良い状態へ戻してから日々の調教+ゲート練習に向き合ってもらえればと思います。