焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

22日にゲート試験に挑戦。無事1発で合格しています。☆バラキエル

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル(牡・大久保)父ロードカナロア 母スリールドランジュ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター、ゲート練習

大久保師「入厩した後も熱発などすることもなく、状態は変わりなかったので、先週末から調教を開始しています。20日からゲート練習を始めていますが、枠入り・駐立では大人しくしていますし、音を聞かせて出してみたところ、反応は鈍かったものの、扉の音には驚かなかったので、これならすぐ試験の目途が立ちそうです。まだ体力的に足りないところがあるので、まずはゲート試験合格を目標に置いて進めて行きます」(5/20近況)

⇒⇒22日にゲート試験を受けて合格。23日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。(最新情報より) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

心身に幼さを多く残す馬なので、初めてのトレセンという環境に戸惑いまくることを想定していたのですが、バラキエルの身体能力の高さで日々の調教とゲート練習には対応。母系から気持ちの強さを受け継いでいる感じなのもプラスに働いているのかなと思ます。

そして練習を兼ねて22日にゲート試験に挑戦。詳細は分かりませんが、無事1発でゲート試験に合格することが出来ました。ここまでスムーズに事が進むとは嬉しい誤算です。

ただ、デビューへ向けて進めるとなると、もう1段体力アップが望ましいですし、気性面の成長を促すことも大事。その両面から23日にNFしがらきへ移動しています。

早めに1度実戦を経験させた方が良いのか、もっと心身の成長を遂げてからデビューさせた方が良いのか。その判断は厩舎&牧場スタッフにおまかせします。