焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

12日に栗東・大久保厩舎へ帰厩しています。☆バラキエル

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル(セ・大久保)父ロードカナロア 母スリールドランジュ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

調教主任「背腰の状態は治療を施していることで順調に回復に向かっています。乗り運動を開始した後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。負荷を強めた後も状態は変わりありませんので、この調子で帰厩に備えて態勢を整えていきたいと思います。馬体重は502キロです」(5/7近況)

・在厩場所:12日に栗東トレセンへ帰厩

大久保師「放牧に出した後も順調に進められていたようなので、12日の検疫でトレセンに戻しました。明日から乗り運動を開始し、週末から時計を出して仕上げに入っていこうと思います。今後の予定については地方交流戦も視野に入れていますが、登録馬が多いことが予想されることから、北海道シリーズも含めて考えていくつもりです」(5/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

治療と時間の経過によって、背腰の疲れは解消し、坂路でハロン15秒の調教を課すことが出来るところまで到達したバラキエル。今後はもう少し乗り込みを重ね、動きを良くしてからの帰厩になるのかなと見ていたところ、12日の検疫で栗東へ戻すことが決定。大久保厩舎へ帰厩済です。

今後については相手関係が楽になる地方交流戦を視野に入れていますが、結構登録馬が多い様でなかなか枠が回ってこない感じ。夏の北海道シリーズに転戦することが現実的かもしれません。そうなると、小回りのダ1700mが主戦場かなと思いますが、もっと距離を縮めて芝1200mまたはダ1000mの方が合っている可能性も。次走までに節を稼げるのなら、次走ではまず芝1200mを試してもらいたいです。