焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

先月31日に栗東・大久保龍厩舎へ帰厩しています。☆バラキエル


f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル(セ・大久保)父ロードカナロア 母スリールドランジュ

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき/31日に栗東トレセンへ帰厩予定
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「その後も順調に進められていましたので、この中間からより負荷を掛けたメニューに切り替えています。現在は坂路でハロン15秒のペースで登坂するようにしていますが、気難しいところも見せず、良い手応えで駆け上がっていますから、去勢の効果を感じますね。大久保龍師と相談した結果、31日の検疫で帰厩させることとなりました。馬体重は513キロです」(10/30近況)

⇒⇒31日に栗東トレセンへ帰厩しています。(31日・最新情報より)

助 手 1栗坂良 58.5- 43.5- 29.4- 15.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦大敗後、NFしがらきで馬っ気が強くなるなど煩い面が目立ち出し、怪我防止の為にも去勢手術を行ったバラキエル。術後は体調を考慮しつつ、煩い面を覗かせないように慎重に進められてきましたが、トレッドミルでそれなりの負荷を掛けた後、馬場へ連れ出すと気難しい面を見せなくなるように。そこからはこの馬なりにリズムを掴み、ハロン15秒までペースアップ。そして31日の検疫で栗東・大久保龍厩舎へ戻っています。

早速、翌日に坂路で時計を出しているように状態は右肩上がりですが、去勢してまだ時間が少ないので、煩い面がマシになっても、心身のフィット感はこれから。ガラッと変わってくるのは難しいと思うので、使いつつ良い方へと向いていって欲しいです。また、デビュー戦の内容から芝ではスピード不足にも思えたので、次走からダートの走りを試していって欲しいです。