焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

週末(7/9・10)の出資馬・出走記事

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アマネセール

土曜福島1R 障害3歳上未勝利(障2860m)1枠1番 森一馬J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで時計

茶木師「5日にCWコースで追い切りを行いました。今週は小倉競馬場までの輸送が控えていますから、馬なりでサッと時計を出した程度でしたが、道中は力むこともなく最後まで気分よく走っていましたよ。帰厩後は、森一馬騎手に障害練習に加えて、追い切りにも手伝ってもらいましたが、普段から時間を掛けて丁寧に調教を付けてくれていることもあって、前向きさを見せつつも、我慢するところは我慢できていますし、ここ最近の中では心身ともに良い状態を保っています。障害試験に受かった後は疲労が見られたことから、無理せず牧場で立て直してもらいましたが、フレッシュな状態になって戻ってきましたし、脚元含めて気になるところはありません。前の厩舎では障害戦を2度使ったようですが、その時と比較を付けることが出来ないものの、当時より精神的に落ち着いているのは確かですから、力まず立ち回ることが出来れば、最後まで一生懸命走ってくれるはずです。森一馬騎手は辛口のタイプではあるものの、アマネセールについては付きっきりで調教してくれましたから、何かしら手応えを感じ取ってくれていると思いますし、この馬の特徴を上手く競馬に活かしてくれるのではないかと期待しています」(7/6近況)

森 一 5CW重 75.5- 59.4- 43.1- 13.1 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain エバーフレッシュ

日曜小倉1R 3歳未勝利・牝馬(ダ1700m)2枠3番 鮫島駿J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日にポリトラックコースで時計

松永幹師「今週は小倉競馬場までの輸送が控えていますから、6日の追い切りは疲労が残らない程度に、馬場の軽いポリトラックコースで行っています。終い重点の形を採りましたが、良い頃と比較するとストライドが少し伸びてこない感じはしたものの、勝負どころでスピードを上げて行くと、最後までしぶとく脚を使ってくれましたから、そこまで気にしなくて良いかなと思います。以前と違い、ここ最近は飼い葉をまずまず食べてくれるようになり、体の線の細さは徐々に解消されてきたように思います。左トモの踏み込みの甘さは乗り込んで行くにつれてしっかりとしてきましたし、今週の追い切りで更に良くなってくるでしょう。パサパサの馬場になると、前回のようにスッと流れに乗り切れない恐れがあるので、出来れば少しでも脚抜きの良い馬場になって欲しいですね。最後はしぶとく伸びてくるだけに、前半はいかに流れに乗ることが出来るかがカギになってきますから、ジョッキーにはその点には注意してレースを運んでもらいたいと思っています」(7/7近況)

助 手 6栗P良 85.0- 67.4- 52.0- 38.6- 12.2 追って一杯

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カルトゥーシュ

日曜小倉2R 3歳未勝利(芝2600m)8枠15番 鮫島駿J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日に坂路コースで時計

松下師「今週は小倉競馬場までの輸送が控えていますから、6日の追い切りは坂路で疲労が残らない程度に時計を出しています。雨の影響で馬場が悪かった割には、全体が54.5秒で、ラスト1ハロン12.8秒と、まずまずのタイムをマークしてくれましたし、身のこなしはとても良かったですよ。この2戦は行きっぷりを良くする為にブリンカーを着けてレースに臨みましたが、今回は2600m戦ということもありますから、鮫島克駿騎手と相談した結果、ブリンカーは着けずにレースに向かうことにしました。ポジションを取りに行くと、終いはどうしても甘くなってしまいますから、出たなりの位置で上手く流れに乗って、ワンペースの脚質を上手くカバーするようなレース運びが理想かもしれません。小倉の2600m戦ならそれが可能だと思いますから、ジョッキーにはそのような競馬を心掛けてもらいたいと思っています」(7/7近況)

助 手 3栗坂良 57.4- 41.8- 27.5- 13.5 馬なり余力
鮫島駿 6栗坂稍 54.5- 40.3- 26.6- 12.8 馬なり余力

f:id:yakifish:20200825181938g:plain レッドブレンナー

2022.07.07
函館競馬場/安田隆行厩舎
昨日(水)函館競馬場芝コースで追い切りました。
函館芝 岩田康J 68.2-52.2-38.3-12.1 仕掛け
ラクサパーナ強めの外0.6秒遅れ
本日(木)引き運動をおこないました。

安田隆師「日曜日、昨日(水)と時計を出しました。どちらの追い切りも岩田康誠騎手に乗ってもらいましたが、昨日の追い切りで芝を走らせた後にジョッキーが『ええ感じや』と担当スタッフに話していたということで、ダートよりも芝の方が感触は良かったようです。前走でダートを使った時にキックバックを気にしたり脚を滑らせたりして上手に走れなかったことからも、当初に予定していたダ1000mから芝1200mに変更させていただきました。急な話で申し訳ありません。ワンペースな面は変わりないものの、ジョッキーの言葉を信じて再度の芝で前進を期待したいところ。できることなら今回決めたいですね」

※7月10日(日)函館4R・3歳未勝利(芝1200m)に岩田康誠騎手で出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

週末(7/9・10)に出走する出資馬の出走記事をまとめて。※土曜福島5Rでデビューを迎えるサンデュエルは別記事にて。

1勝クラスでは少頭数や相手関係に恵まれて入着することはあるも、追ってからギアを上げることが出来ないアマネセール。また最近は右前脚の骨瘤が落ち着いていることから、転厩後、封印していた障害戦へ再度挑戦することになりました。そして今回からは森一馬Jが稽古を付けてくれることになったので、鞍上の手腕で障害での初勝利を掴んで欲しいです。

前回の障害挑戦時は飛越に少しバラつきはありましたが、センスの良さを感じるところがあり、骨瘤に悩まされなければ1勝出来た可能性は結構高いかなと見ています。また、その当時は行きたがる面が強過ぎましたが、平地に戻した後はそういう面を見せなくなっていたので、2度目の障害入りとなった今回は操縦はしやすくなっているのかなと思います。実際、2度目の障害試験では全体の時計が98秒0と好時計をマークしていますから。

ただ、1年10ヶ月ぶりの障害戦とブランクがありますし、小倉は障害の専用コースがあり、バンケットや水ごうがあります。ですので、いきなりから勝ち負けまで求めるのはちょっと酷なのかなと。まずは、丁寧に飛越を行ってもらい、無事完走を目指して欲しいです。そしてその中で今後に繋がる・期待のできる走りの内容を示してもらえればと思います。

エバーフレッシュはダートへ転じてから3着→5着。堅実に駆けるようになっていますが、勝ち馬との差は1秒ちょっと。勝ち上がるには目にない壁があるなあというのが率直なところ。非力さは残りますし、良馬場だった前走ではキックバックを気にし、道中はフワフワした走りでした。ここ2走はチークピーシズを着用していますが、個人的にはブリンカーへ切り替えた方が良いのになあと見ています。

今回、雨が降った影響で脚抜きの良い馬場で出走できること自体は○。ただ、道中の進みが良くない馬なので、広い阪神・中京から小回りの小倉へのコース替わりは良いとは言えないでしょうし、内枠に入ったのも悩ましいところ。外枠なら砂を被らない位置で追走し、勝負どころから動いていけるのですが、この枠番からの出走だと内に押し込められてポジションを悪くし、4角を回ってくる時点で勝負が決まってしまっている恐れも。3戦連続で鮫島駿Jが手綱を取ってくれるのは有難いですが、良いイメージは沸いてきません。

未勝利の期限が迫ってきているので、凡走をしてしまうと命取りになりかねないので、まずは掲示板入り(5着以内)を目指し、次走以降に未勝利突破への可能性を繋げる走りをお願いします。

デビュー当初のカルトゥーシュはレースを使っていけば1つは勝てそうな雰囲気があったと思いますが、走ることへの前向きさが足りないので、上位を賑わせるシーンが少なく、1戦ごとにレース内容が悪化。ブリンカーを装着し、走ることへの集中力を高めようと工夫はしてくれていますが、効果は薄いです。

ただ、自分からグイグイ走っていく馬ではない分、スタミナ自体は豊富。距離延長を突破口に変わってきてくれないかな? また、前走では意識して前目に付けた分、追ってからの脚が案外でした。ですので、今回はまずは出たなりの位置でゆったり追走させ、早めに捲っていく競馬で粘り込みを図りたいところ。この枠なら包まれることはないでしょうし、自分のリズムで動けるのかなと見ています。

今回、一息入っての参戦ですが、追い切り自体は入念に重ね、仕上がりは良好。変わってきた感じはないですが、デキの良さを味方にしてどこまで上位へ食い込んできてくれるか。結構相手が揃っているので、容易には行かないでしょうが…。

レッドブレンナーはパワー型でワンペースの走り。それ故、ダートでの変身を期待した前走でしたが、痛恨の出遅れ。距離が1000mだけにホント痛かったですし、他馬のキックバックを気にするところがあり、道中の挽回も利かず。最後は流れ込むようにゴールしましたが、掲示板を確保できたのは唯一の救いでした。

前走後は北海道の吉澤ステーブルで短期放牧し、3戦目へ備えてきました。そして前走同様にダ1000mへの出走を視野に入れていましたが、追い切りで跨ってくれた岩田康Jの進言もあり、直前で芝1200mへ方向転換。デビュー戦の芝は最後甘くなってしまいましたが、レースの流れには乗れていたので、時計の掛かりやすい洋芝を味方に前進が見込めるかも。ただ、デビューからの2戦はまだまだ馬体に余裕があったので、好走を期待するには馬体が引き締まってくることが条件になりそう。

まあ、日曜日に出走する未勝利馬3頭では1番期待できるとは見ているので、掲示板確保で満足することなく、勝ち負けの争いに食い込んでくる走りを見せてもらいたいです。鞍上の手腕にも期待したいです。