焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

現時点での力試しの1戦と見ていたも、好枠から絶好のポジションを確保。道中は前に壁を作ることが出来て脚を温存。4角を回ってくる時の手応えが1頭だけ違っていたのでこの時点で勝利を確信。時代の到来を告げる3歳でのG1初制覇。☆ピクシーナイト

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

日曜中山11R スプリンターズS(G1・芝1200m)優勝(3番人気) 福永J

互角のスタートから、二の脚を活かして好位3番手を追走します。手応えよく4コーナーを回り、最後の直線コースで馬群を捌いて抜け出すと、そのまま後続馬に交わされることなく2馬身差をつけて先頭でゴールし、2度目の挑戦で見事にG1初制覇を飾っています。

音無調教師「G1制覇おめでとうございました。CBC賞とセントウルSでは、外枠を引いて厳しい競馬でしたが、今回は絶好の内枠を引くことが出来ましたので、スムーズな競馬が出来れば好勝負が期待できると思っていました。セントウルステークス後は短期放牧に出しましたが、それでリフレッシュできたのか、中山競馬場に移動後は、これまでになく馬房で落ち着いていましたし、パドックでは古馬のような風格でした。レースに行っても、福永騎手がこれまで控える競馬を教えてくれたこともあって、道中はムキになることもなく、勝負どころまで理想通りの競馬が出来ていましたね。速い馬が揃っていた割には、自厩舎のモズスーパーフレアに絡んでくる馬が不在で、そこまでペースが速くならなかった為に、ピクシーナイトにとっては展開が向きましたし、最後の直線コースで抜け出したところで勝利を確信しました。レース後、福永祐一騎手は「いずれは大きなところを狙える馬だと思っていましたが、これだけ早い段階で横綱相撲の競馬で結果を出してくれるとは嬉しい誤算ですね。まだバランスがしっかり取れていない中で、これだけの強い競馬をしてくれるのですから、これから成長していけばもっと大仕事をしてくれそうな気がします」と、成長を感じ取ってくれたのと同時に勝利を喜んでいました。馬格は立派なものの、トモの緩さから本格化するのは来年以降だと思っていましたが、こちらが想像していた以上に成長していますね。トレセンに戻って状態を確認した後は、これまで通り一旦放牧に出す方向で考えていますが、その後も問題なければ、選択肢の一つとして、暮れの香港で行われる香港スプリントに予備登録させていただく予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

深く踏み込んで迫力満点のパドック。好スタートから好枠を利して、難なくインの3番手に収まる。4角手前で他馬の手が動き始めた時も、この馬だけ持ったまま。直線はモズスーパーフレアとビアンフェの間をいとも簡単に割って出た。後続に2馬身差をつける圧勝。枠や展開の利はあっても、明らかに能力上位の勝ちっぷり。スプリント界に新王者誕生。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:5日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧
・次走予定:12月12日のシャティン・香港スプリント(G1)

音無秀孝調教師「CBC賞とセントウルSの内容から、好勝負が期待できると思っていましたが、あそこまで横綱相撲で勝ってくれるとは思いもしませんでした。でも、まだ伸びしろのある馬ですから、これからがますます楽しみになりましたね。中山競馬場からトレセンに戻って状態を確認したところ、目立った疲労はなく、体調も問題ありませんでしたが、リフレッシュさせるため一旦放牧に出させていただきました。この後は暮れの香港スプリントでの出走を視野にいれていますので、それに備えて態勢を整えていければと思っています」(10/6近況)

※なお、12月12日に香港のシャティン競馬場で行われる香港スプリント(G1)に予備登録(登録料は無料)させていただきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

真価を問われるのは4歳になってからだと思っていたので、ここはチャレンジャーの立場。現段階でG1で揉まれてきた強者相手にどこまで通用するのかを確かめたい気持ちが強かったので、結果はそこまでこだわっていませんでしたが、これまで外枠に泣かされることが多かったのに、ここ1番で2枠4番という絶好枠をゲット。ここからなら出していっても前に壁を作ることが出来ると思ったので、『ひょっとするかも…』という淡い期待も出てきていました。

パドックに登場してきたピクシーナイトは前走からプラス2キロ。木曜日の段階で前走と同体重だったので、中山への長距離輸送を経て絞れてくるかなと見ていたので、ちょっとビックリでしたし、増えているのを知った時はショックな気持ちが強かったです。

そんな中、パドックでの周回に関しては変な力みもなく、この馬なりに落ち着いていたと思います。馬体はひと叩きして張りが出た分、太目感はなし。前走後、5日ほどNFしがらきへ放牧に出ていましたが、NHKマイルC出走時に感じたイライラした感じはなかったので、この作戦は絶妙でした。

レースぶりに関してですが、内枠に入ったことで福永Jは予想した通り、やや意識的にゲートを出していきましたが、タイミングも合って、大型馬とは思えぬ軽快な二の脚でスッと前へ。若干気負うところはあったかもしれませんが、福永Jは手綱をガチッと持っての追走。上手に溜めが利いている感じでしたし、内有利の馬場でもあったので、3角あたりで勝利を意識。4角手前では明らかに手応えが違っていたので、『これはもう大丈夫』と安心する程。あとは進路を作る時に左鞭が1発入ったかと思いますが、それにすぐ反応して、残り150mぐらいで先頭へ。ゴール前はフワッとしないように注意するだけ。1200mで2馬身差は完勝といえる着差ですし、ここに新たなスプリント王の誕生を告げる1戦となりました。うーん、強かったです。また、福永Jはデビュー戦からずっと跨ってもらい、レースでの経験を着実に次へ次へと生かしてくれました。福永Jの手腕はさすがですし、感謝しかありません。

レース後のピクシーナイトですが、一足先に5日にNFしがらきへ放牧。使ったなりの疲労はあるでしょうが、目一杯の競馬ではないのでクタッとすることはないと思います。また、次走は日本のスプリント界を引っ張る立場として香港スプリントへ挑戦予定。今度は慣れない土地での調整にもなってくるので、今回以上に高いハードルが待っているでしょう。さすがにここは簡単には行かないと覚悟しています。

3歳馬のスプリンターズS優勝はアストンマーチャン以来の14年ぶり。それだけでも快挙ですが、こういう横綱相撲が取れるなら、まだまだ天下は続きそう。サクラバクシンオーロードカナロアにどこまで近づくことが出来るのか。ただ、大型馬なので、脚元の怪我には十二分に気をつけてもらい、これからも1戦1戦を大事に使っていって欲しいです。