焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

19日に栗東・奥村豊厩舎へ。デビューへ向けての追い切りを開始しています。☆インディゴブラック

f:id:yakifish:20200513045835g:plain インディゴブラック(牡・奥村豊)父キタサンブラック 母カーニバルダクス

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒、トレッドミル

調教主任「この中間も週3回坂路でハロン15秒のペースで登坂しています。負荷を強めた後もこの馬なりに順調に乗り込めていますし、最後まで良い手応えのまま駆け上がっていますよ。検疫が回り次第帰厩することになっていますので、いつ声が掛かっても良いように態勢を整えていきたいと思います。馬体重は524キロです」(9/17近況)

⇒⇒19日に栗東トレセンへ帰厩しています。(19日・最新情報より)

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:23日にCWコースで時計

奥村豊師「帰厩翌日から乗り運動を開始しましたが、順調に進められていたことから、23日に最初となる追い切りを消化しました。道中は追走し、最後の直線コースで同じ2歳新馬の内側に併せて行きましたが、最後は0.3秒遅れてしまったものの、強めに追っていた相手に対して、こちらは馬なりで無理をしないように指示を出してのものですから、遅れは気にしなくて良いですよ。先行馬があまりにもゆっくり入ってしまった為に、全体の時計は遅くなってしまいましたが、インディゴブラックは追走に余裕があり、これぐらいのペースならスッと動いていくことが出来ていましたよ。ただ、今日は前半が遅かったため付いていくことが出来たものの、調教の感じではスピードに乗るまで時間が掛かるところがあり、これからペースアップしていった際にどれだけ対応してくれるかがカギになってきますね。でも、心肺機能の高さはこの馬の長所ですし、良いところを上手く引き出してあげられるように鍛えていきたいと思います。具体的な番組につきましては、もう少し追い切りを積み重ねながら検討していきたいと考えていますが、最初はゆったりとした距離でのびのびと走らせてあげる方がいいかなと思っています」(9/23近況)

助 手 23CW良 72.2- 54.5- 39.7- 12.9 馬なり余力 メイペーパームーン新馬)強めの内0.6秒追走0.3秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩へ向け、調教の負荷を高めていたインディゴブラックはクタッとすることなく無難に対応。今後は検疫が取れ次第、帰厩となる運びでしたが、19日の検疫で栗東・奥村豊厩舎へ帰厩。デビューへ向けての調整・追い切りへ移行しています。

そんなインディゴブラックですが、早速23日には帰厩後の初時計をマーク。追走して遅れていますが、これは無理をしていませんし、まずまず動けたかなという印象です。ただ、課題はスピードの乗りが遅い点なので、テンから少し速いペースで追い切りを行った際、追走にどこまで苦労するのかが気になるところ。追走に脚を使ってしまうと、幾ら心肺機能が高くても、最後の踏ん張りは利かないでしょう。また、現状は馬体に緩さを残しているので、馬体に芯が入ってくるまではなかなか解決・改善できない問題になってくると認識しています。