焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】テルアケリーの20


f:id:yakifish:20200513045835g:plain テルアケリーの20(牡・鹿戸)父ドゥラメンテ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「順調に夜間放牧を行っています。最近では体力が付いてきて、飼い葉も完食できるようになってきていますし、体高が伸びるに連れて体重が理想的な増加傾向にあり、良い成長曲線を描けています。やや馬体は薄めに見えますが、横見の整った体に成長してきていますから、これからの運動で筋肉を付けて幅のある体付きにしていくことが課題になりそうです。放牧地では、素軽い脚捌きだけでなく、力強さも感じる身のこなしで元気に走り回っています。気性面はここ最近、落ち着いてきており、以前よりも大人びてきた印象です。馴致は洗い馬とウォーキングマシンの慣らしは完了しました。今後は鞍付け馴致を行い、無事に育成厩舎へ移動できるよう準備していきます。馬体重は405キロです」(8/14近況)

○誕生日:5月4日生まれ
○育成:ノーザンファーム早来
○馬体重 389キロ 体高 150.0センチ 胸囲 166.0センチ 管囲 19.7センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体の小ささ・線の細さは目に付くも、頭部が小さくて纏まりのあるシルエット。何とも言えない雰囲気を醸し出しているのがテルアケリーの20。それに惹かれての出資となりましたが、素軽い歩様でリズミカルに体を使い、軽さが魅力的。半姉レフトゥバーズはデビュー戦で素晴らしい瞬発力を見せてくれましたが、同馬にもそれに似た印象を持っています。

課題は馬体の成長と共に気性面。調教を重ねていくとピリピリしてくると思うので、それが性格をややこしくしなければ良いのですが…。牡馬らしく堂々と振る舞える馬へと成長していってくれることを願っています。密かに期待しているお馬さんです。