焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

14日に今度は札幌競馬場へ移動しています。☆ヒーズオールザット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット(セ・藤原英)父ブラックタイドシーイズトウショウ

・在厩場所:14日に札幌競馬場へ帰厩
・次走予定:第1回函館開催

藤原英師「放牧に出した後も順調に進められていたようなので、14日の検疫で札幌競馬場に帰厩させました。前走の競馬を振り返ると、ダートの走りそのものは良かったものの、馬群の中に入って周りの馬に気を使って走っていましたし、前向きさに欠けていましたね。去勢手術後は余計なことをしなくなったものの、レースで馬込みに入ると他の馬に気を使ってしまうことを考えると、ブリンカーを着けてスムーズな競馬をさせる方が、集中して走ってくれるかもしれません。ただ、以前にチークピーシズを着用した際は、逆に集中力を欠いてしまった経緯があるだけに、慎重に進めていかないといけません。未勝利戦が終わるまで残り僅かですし、同じことをしても良い結果に結びつかないでしょうから、この馬の持ち味を活かせられるよう、最善を尽くしていきたいと思います」(7/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

6日にNF空港へ放牧に出ていたヒーズオールザットですが、早速14日に帰厩。すぐ戻ってきたことにちょっとビックリでしたが、短期間でも牧場へ戻り、リフレッシュできたのであれば○。あと個人的には前走では馬体が立派に見えたので、函館⇒NF空港⇒札幌と輸送を挟むことで馬体重を減らす狙いもあるのかなと思います。

これまで陣営は馬具を装着することに躊躇いがありましたが、元々前向きさが足りない馬ですし、揉まれ弱さ+集中力の欠如を踏まえるとブリンカー装着は当然の流れでしょうし、変化を求めるのなら残された手はこれだけでしょう。逆効果を恐れず、是非チャレンジしてもらいたいです。