焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

9日に函館競馬場へ。初めての環境に少し戸惑うも、ゲートは着実に上達することが出来、16日に無事1発で合格しています。その後はNF空港へ放牧。JRAの競走馬登録も完了しています。☆モルレー


f:id:yakifish:20200513045835g:plain モルレー(牝・長谷川)父ブラックタイド 母レディドーヴィル

・在厩場所:9日に函館競馬場栗東長谷川浩大厩舎)へ入厩

空港担当者「この中間も坂路コースではハロン14秒まで脚を伸ばして乗り込んでいました。相変わらずハミ受けには難しさが残っており、その点は今後も上手く折り合えるポイントを探しつつ、良化を図っていく必要がありそうですね。ただその反面、高いスピード能力と豊かな前進気勢の表れでもありますし、それは競走馬にとって大切な面ですから、上手く活かしながら今後も育てていきたいところです。今日の検疫で函館競馬場へ入厩することとなりましたが、まずはゲート試験合格を目指して頑張ってもらえればと思います。こちらを出発時の馬体重は433キロでした」(7/9近況)

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:ゲート練習

長谷川師「入厩後は環境の変化に敏感なところを見せていましたので、慣れるまでゆっくり時間を掛けていました。今週に入ってようやく落ち着いて調教に取り組めるようになり、飼い葉食いも安定していたことから、14日から本格的にゲート練習を開始しました。牧場で大事に扱ってもらっていたこともあって扱い易く、枠入り・駐立は非常に大人しく行えました。手開けでゲートを出してみたところ、まずまず反応してくれましたので、この調子なら試験の目途が立てられそうです。輸送で体重が少し減ってしまいましたが、今週初めに測ってみたところ、鞍を着けて428キロでしたから、徐々に回復していますよ。まだ体つきを見ても幼いですし、試験に合格した後は無理せず一旦放牧に出して鍛えてもらう方向で考えています」(7/14近況)

⇒⇒16日にゲート試験を受けて合格しており、18日に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧に出る予定です。(16日・最新情報より)
⇒⇒18日に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧に出ています。(18日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左トモの長趾伸筋に疲れが見られたモルレーでしたが、予想以上に早い回復を遂げ、装蹄を行ったことで脚元への負担が軽減。ハミ受けには相変わらず課題を残すも、V字回復を遂げたことで9日に函館競馬場へ入場(長谷川厩舎へ入厩)しています。

移動当初は牝馬らしく繊細な面を覗かせていたようですが、環境に慣れるのに少し時間を取ってからは日に日に落ち着きが増す感じに。また、14日からゲート練習を本格化させていましたが、物覚えが良く、人間に従順な面を見せてくれてスムーズに上達。ゲートからのダッシュを磨けば、合格できるレベルには到達し、16日にはゲート試験に初挑戦。詳細は分かりませんが、無事1発で合格することができました。まずは第一関門をスムーズに突破出来て何よりです。

ただ、現状は馬体が細くなってしまいましたし、体つき等に幼さを残すので、牧場へ戻して鍛え直されることとなりました。18日にNF空港へ放牧済です。また、15日付でJRAの競走馬登録も完了しています。

入厩からの動きを一気に追い掛けましたが、母馬は堅実に駆ける仔を多く輩出しているので、兄姉に続く活躍をモルレーにも期待したいところ。基本は従順みたいなので、ハミ受けの拙さを改善し、操縦性の高さを武器に出来る競走馬に育って欲しいです。