焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(4歳牡馬・牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードセッション

京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング2400m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「確実に良化傾向。もう少しで傷も完全に塞がりそうですね。ケアは続けているものの、早々に跨り始めるように。フットワーク等に違和感は覚えず、既に坂路へも連れ出しています。馬自身の状態に応じて、徐々にピッチを上げられたら・・・」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードベイリーフ

兵庫・ヒイラギステーブル在厩。ウォーキングマシン30分、角馬場でフラットワーク10~15分、ウッドチップ坂路コース・ダク+ハッキング1100m×1本→キャンター1100m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「定期的に13-13を消化。問題なく対応できたように、中間も順調と言えそうです。馬体重は500キロ前後で推移。ピッチを上げても飼い葉は安定しており、与えた分量はキッチリ食べ切っています。この調子で本数を重ねれば大丈夫では・・・」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

両トモの球節に傷腫れが見られたセッションですが、こちらは順調な回復ぶりを見せ、傷も塞がりそうということで乗り運動を再開。ひとまず無理のない範囲で乗ってみたところ、マズマズ対応できたことから、坂路にも連れ出しています。このまま上昇気流に乗っていって欲しいです。

ベイリーフはこの中間も順調な乗り込み。馬体重をキープしながら、坂路でしっかり攻めることが出来ています。食欲も問題なし。これなら予定している4回小倉への出走には十分間に合うでしょう。あとはオーバーワークにならないように注意してもらえれば。