焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(2歳・千葉ケイアイファーム組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードオルデン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク700m→ハッキング1000m→キャンター2500mもしくはダート坂路コース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「メインに使っているダートが水の浮いた状態。梅雨らしい気候が続く影響が出ており、大事を取って利用を見合わせました。トレッドミルや屋根付きの坂路で上手くカバー。十分な運動量を確保できているだけに、身体が緩む心配も要りません」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードアラビアン

千葉・ケイアイファーム在厩。引き運動10分。

○当地スタッフ 「7月3日(土)の朝に四肢が浮腫み、体温の上昇も確認。獣医師に診てもらい、抗生物質と解熱剤を投与しました。すぐに元気な姿へ戻っており、脚元についても段々と落ち着いた状態に。無理の生じない範囲で元のメニューへ近付けましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

梅雨時期でメインに使っているダートに水が浮いた状態ということで、オルデンは無理に使うのを避け、トレッドミルや屋根付き坂路での調整。それなりの運動量はこなしていることから、馬場が回復できれば、1歩踏み込んだ調教へ移行できるでしょう。

アラビアンは少し前に疲れ気味だったことから早めに楽をさせ、回復傾向を示していましたが、3日の朝に熱発の症状を確認。獣医師による適切な処置によって早めに症状が落ち着いたのはホント良かったですが、アラビアン自身の内面の弱さは気になるところ。蒸し暑い気候も体力を削いでいるんでしょうねえ。当面は普通キャンター程度のペースでじっくり乗り込み、体調が安定・良くなってくるのをひとまず待って欲しいです。