焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(2歳・牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードリライアブル

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダート坂路コース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)もしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週は坂路コースでの調教を組み込み、ハロン18秒台のペースをコンスタントにこなしました。引き続き、歩行運動のみに止める日も入れるなどメリハリを付けたメニュー。テンションは高い訳でも無く、良いところで我慢ができているでしょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードアラビアン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「右前脚の傷はすぐに塞がり、トラックでの調教を再開。11月27日(土)に5ハロンで15-15を消化しました。全体的には悪くないものの、ラストで甘くなる様子を見せた形。移動を視野に入れるにはもう少し本数を重ねる必要がありそうです」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain サンクフィーユ

滋賀・チャンピオンヒルズ在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク15分、フェルトダートコース・ハッキング1000m、フェルトダート坂路コース・キャンター1000m×1本(1ハロン14~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週も半マイル56秒ぐらいのトレーニングを計画に沿って消化。現状はやはり迫力が不足している走りです。トモの中殿筋がもう少し発達すれば良くなるはず・・・との担当の獣医師のコメント。その点を強く意識しながら鍛え込んで行きましょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain グラストンベリー

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ「ポリトラックを2周するメニューを継続。ペースについてもハロン20秒程度のままです。特別な治療を施さなくても、時間が経つと共に両トモの疲労は取り除けている印象。この先も十分に解しつつ、坂路へ連れ出すタイミングを考えましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リライアブルはやれば動く馬ですが、そうするとテンションが上がりやすくなってしまいます。ですので、軽めのメニューに止めたり、普通キャンターでじっくり乗り込むなどソフトな調整を意識してもらい、本数を重ねることで動きの質を高めてもらえればと思います。

アラビアンは交突で出来たと思う傷が癒え、騎乗運動を再開。27日には5ハロンの15-15を行っていますが、マズマズ動くことは出来た様子。あとは本数を重ねて行けば、終いの粘りが出てきてくれるでしょう。引き続き、走る気を促しながら、良い意味でのピリッとした感じが出てきてもらいたいです。

サンクフィーユはそろそろ帰厩かなという時期がありましたが、動きにもう1つガツンと来るところがないので足止め中。ポテンシャルは高い筈なので、今一度トモをしっかり使えるフォームづくりに取り組んでもらえればと思います。

グリーンウッドへ移動後、両トモにクタッとした感じが窺えたグラストンベリー。この中間はトモに悪影響を及ぼさないようにポリトラックでハロン20秒の控え目な調整。まずは十分な回復を図ってもらえればと思いますし、馬体もフックラ見せるようになってきて欲しいです。