焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

初めてのスプリント戦も、好発からレースの流れに乗って競馬が出来た。ただ、前が止まらない特殊な高速馬場。早めにラチ沿いへ潜り込んでソツなく立ち回るも、勝ち馬に半馬身差に迫ったところがゴール。2着に終わる。☆ピクシーナイト


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

日曜小倉11R CBC賞(G3・芝1200m)2着(2番人気) 福永J

互角のスタートから無理せず中団で折り合いをつけます。最後の直線コースでは最内から懸命に脚を伸ばしますが、勝ち馬を捉え切るところまでいかず、初めてのスプリント戦は惜しくも2着でゴールしています。

音無調教師「東京競馬場までの輸送を経験しているので、今回も極端に体重が減ることはなく、良い状態で出走させることが出来たと思います。スピードがある馬なので、初めてのスプリント戦でも問題なく対応してくれると思っていましたが、流れに乗ることはできていましたね。道中は無理せず控えて折り合いをつけて行ったようですが、結果的に勝ち馬に逃げ切られたように、展開としては厳しいものになってしまいました。最後は地力で2着に来てくれたものの、今後の為には勝って賞金を加算しておきたかったですね。レース後、福永騎手に確認したところ、『スタートが良く、スッと好位に取り付けられるスピードは見せてくれましたが、隊列的に外々を回ることになってしまいそうでしたので、一旦控えて折り合いをつける競馬を選択しました。この距離だと我慢するところは我慢できていましたし、厳しい条件の中でも最後は良い伸び脚を見せてくれました』とコメントしていました。開幕週の馬場だけに、外目の枠が仇となってしまいましたが、次に繋がる競馬はしてくれたと思います。トレセンに戻って状態を確認した後は放牧に出して秋競馬に備える方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ハナへも行けそうなスタートだったが、序盤は6頭横並びの大外。すかさず控え、隊列の切れ目からラチ沿いに潜り込む。あとは3角までゴールまで内でロスなし。猛追及ばず2着だったが、高い距離適性と鞍上の好騎乗が光った。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

CBC賞】ピクシーナイト 抜群スタートも2着、福永「開幕週の外枠難しかった」(スポニチより)

ピクシーナイトは抜群のスタートを切り、そこから位置を下げて内へ誘導した。直線も内から伸び、勝ち馬に半馬身迫ったところでゴール。福永は「枠に左右される馬場だったし、開幕週の外枠で難しかった。その中で内へ潜り込んで伸びているけど、前が止まらなかった。外枠で最善は尽くせたと思います」と冷静に振り返った。初のスプリント戦にもうまく対応。今後に視界は開けた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:7日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧

音無師「小倉競馬場からトレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて大きなダメージはありませんでしたが、一旦放牧に出して秋競馬に備えることにしました。改めてレースを振り返ると、そのままの位置だとかなり外々を回ることになっていたでしょうから、後ろに下げてロスなく運んだのは良い判断だったと思います。それに特殊な馬場でかなり時計が速くなり、あの位置からよく2着まで追い上げてくれましたし、今後の競馬に必ず繋がってくるはずです。秋はスプリンターズSを目標にしていますが、本番前に前哨戦を使いたいと考えており、ローテーションからすると9月の中京・セントウルSが有力と考えています。あくまで状態次第ですが、放牧後も問題なければ、そこを目標に進めてもらおうと思っています」(7/7近況) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回から豊富なスピードを生かす為にスプリント路線へ踏み出したピクシーナイト。福永Jらの評価は高いですが、初めての1200mが古馬相手の重賞競走。正直なところ、ハードルは高いかなと見ていました。

前走のNHKマイルCは中2週のローテでちょっと攻め切れませんでしたが、今回は早めの帰厩から入念な乗り込み。元々攻め駆けする馬ですが、早くから坂路で好時計をマーク。そして本数を重ねることで着実に良化を遂げ、シンザン記念を勝った時の絶好調に近い状態でレースへ臨めました。また、レース当日はマイナス4キロでの出走でしたが、見た目以上に締まりがあり、馬体の張り等も良かったと思います。少し発汗が目立ったのは気になっていましたが、気性面の昂りからではなく、暑い時季だからでしょう。

レースに関しては、スプリント戦の速い流れについていけるかどうか、好時計連発の場馬場だったので速い時計に対応することが出来るかの2点に注目。スタートはどうなのかな?と見ていましたが、ゲートを出た時点で頭1つリード。今回もハナを主張するなら行けたぐらいの好発でしたが、内の各馬が手綱を激しく動かして前へ前へ。福永Jは速い流れについていくのを避け、中団からの競馬を選択。控える競馬でも行きたがったり、前を追い掛け過ぎたりはなかったです。そして3角あたりから内へ潜り込み、そこからは終始内を立ち回る競馬。外々を回らされると出番がないという福永Jの好判断。ただ、誤算だったのが、直線で追われてから内へモタれ気味だった点。内から鞭を入れたりして矯正しつつ、逃げ馬(ファストフォース)に迫ったのですが、並び掛けるところまでは行かず。

まあ、勝ち馬も渋太かったですし、特殊な馬場になっていたので残念。先々を見据えると、勝って賞金を加算しておきたかったですが、2着なら悪くないですし、レースぶりはこの距離への可能性を感じさせるものでした。控える競馬でしっかり結果を残したのはやはり価値があります。

レース後のピクシーナイトですが、ひとまず脚元等は大丈夫。ただ、放牧に出して、気持ちが緩んだ際に疲れ・反動が出るケースが多々あるので、安心とまでは行きません。まずは馬体の回復とともに疲れの信号・兆しが見られないかをしっかりチェックし、それから乗り運動を再開していってもらえればと思います。

秋の最大目標は中山・スプリンターズSでですが、もう1戦使ってからの参戦になりそう。有力なのはセントウルSみたいですが、そこからだと本番まであまりレース間隔がないのがどうか。個人的には賞金が足りるなら直行でも良いのかなと思います。