焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

G1馬相手でも馬っぷりの良さが際立ち、充実ぶりは目を見張るもの。今回は内へ入れずに外々を回る形になり、直線では自身も苦しくなりながら、外から差し込んでクビ差の2着。勝てなかったのは残念も、スプリント戦で更なる期待の広がる走りを見せる。☆ピクシーナイト

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

日曜中京11R セントウルS(G2・芝1200m)2着(2番人気) 福永J

互角のスタートから折り合いを付けながら好位の一角の外目を追走します。3~4コーナーから押し上げていき、最後の直線コースでは外に出して追われると、上がり3ハロン33秒3の脚で伸びてきますが、クビ差及ばず惜しくも2着でゴールしています。

音無秀孝調教師「ここで賞金を加算しないことには満を持してスプリンターズSに向かえないですから、悔いのないように仕上げました。前走から8キロ体重が増えていたものの、体つきを見る限り決して太く映らなかったですし、良い状態で臨むことが出来たと思います。今回も外枠に入ってしまいましたが、ストライドの大きな馬ですし、内枠で窮屈な走りをするよりこちらの方が良いと思っていました。レースではジョッキーが慌てずに上手く流れに乗って運んでくれましたし、理想の形で直線に向くことが出来ました。ただ、前半の3ハロンは32.8秒とかなりハイペースとなりましたし、ピクシーナイトなりに懸命に伸びてきたものの、先行していた勝ち馬を最後まで捉え切ることが出来なかったですね。レース後、福永祐一騎手に確認したところ、『最後の直線コースではエンジンが掛かってからは力強く伸びてくれましたが、レシステンシアを捉え切るところまでいかなかったですね。でも、これだけの相手に引けを取らない競馬をしてくれましたし、これから更に力を付けていけばもっと良い走りを見せてくれそうです』とコメントしていました。勝たないといけないだけに、結果としては悔しいですが、人馬共に今ある力を最大限に引き出してくれたと思います。賞金的に微妙なものの、出走が可能ならスプリンターズSへ向かいたい気持ちがあるので、この後は数日間だけリフレッシュ放牧に出させていただき、すぐトレセンへ戻して態勢を整えていく方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:14日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧
・次走予定:10月3日の中山・スプリンターズS(G1)・福永J

音無師「トレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて大きなダメージはなく、体調は問題ありませんでしたが、予定通り一旦放牧に出させていただきました。牧場で状態を確認してもらい、すぐ立ち上げて行けそうなら、今週末の検疫でトレセンに戻させていただく予定です。勝ち馬とは立ち回りの差が出てしまったように思いますし、その中でも最後までよく詰め寄ってくれましたから、何とかスプリンターズSに出走して、リベンジしたいところです」(9/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走のCBC賞では2着に敗れるも、初めてのスプリント戦で高速決着にも対応してくれたピクシーナイト。今回はG1馬・レスステンシア&ラウダシオンを始め、クリノガウディー、カレンモエと大きなところを狙える強者との1戦となりましたが、帰厩後にトモの力強さが増し、更に調教で動けるようになっていたことから、現段階でどこまで通用するのか、不安よりも期待の気持ちが断然上回っていました。

ただ、パドックに登場したピクシーナイトはプラス8キロでの馬体重。スプリンターらしいボリューム満点・ごつい馬体は一際目を惹きましたが、幾分余裕がある造りに。良い方へ考えれば、ここに来ての充実ぶりが想定以上なんでしょう。また、涼しくなってきたこともあるでしょうが、前走よりパドックでの発汗は少なく、落ち着きが出たと思いますし、貫禄・風格が出てきたようにも感じる程でした。

レースぶりに関してですが、今回のスタートはそこまで速くなく、マズマズといったところ。それに対して内の各馬はゲート出+二の脚は上々で先行態勢へ。ピクシーナイトは前に壁を作りにくい外枠で少し折り合いが怪しくなり、レースの流れに乗るのにスムーズとは言えなかったですが、デビュー戦から乗ってくれている福永Jが宥めながらの追走。大きなロスには至らなかったですし、4角手前から直線を向く時は反応&手応えは上々。直線ではスッと外へ持ち出し、追い上げを開始。トビが大きいのでスパッと切れる感じはなかったも、1完歩ずつ着実に前進。そしてラスト1ハロン、レスステンシアが苦しくなってきたところを外から差し込む形。最後は『何とか交わしてくれ~』と心の中で叫んだのですが、ハナ差詰め寄るところまで。Hペースを追い掛けていたこともあり、ピクシーナイト自身も苦しくなっていました。直線は左手前を替え切れなかったように見えたので、追い出す前に少し態勢を整えていれば、右手前で切り替わって、ひと押しが利いたかもしれません。まあ、これはタラレバで結果論ですが。

できれば、ここを勝って次のG1・スプリンターズSの優先権を確保して欲しかったですし、サマースプリント王の勲章も欲しかったですが、収得賞金を加算できる2着に踏ん張れたのは大きいです。これで何とか出走枠に滑り込めたのかなと思いますし、レーティングでも出走の可能性は出てきたかも。

レース後のピクシーナイトは一足先にNFしがらきへ。数日間、軽くメンテナンスを行ってもらい、スプリンターズSへ賞金順で出走が可能&出走できる状態なら、今週末にも帰厩させる方針とのこと。少し気持ちを和らいであげることが次走への英気を養うことになってもらいたいです。

ただ、本番のG1ではダノンスマッシュなど更なる強敵が出てきますし、これまでの常識から3歳馬でスプリンターズSを勝つのは至難の業。中2週のローテで中山への輸送も楽ではありません。まあ、それでもポテンシャルはスプリント王になれるものを持ち合わせていると思うので、一つ大きな壁にぶち当たろうとも、今後の糧に出来ると思うので、出走が叶うなら、臆することなく立ち向かっていって欲しいです。