焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

前走後の放牧を経て馬体が良化。メリハリのある馬体になってきたことで全体的に力強さがアップ。ここ2週の追い切りが素晴らしいですし、目下絶好調。更なる相手強化の1戦でも臆することなく立ち向かい、成長の余地を残す中でどこまでやれるのかを見守りたい。☆ピクシーナイト

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

日曜中京11R セントウルS(G2・芝1200m)8枠15番 福永J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:8日に坂路コースで時計

音無師「8日に坂路で追い切りました。重賞となると、中途半端な状態で勝ち負けできるほど甘くないですから、しっかり負荷を掛けて時計を出してもらいましたが、格下相手とは言え、仕掛けに入るとあっさり交わして0.6秒先着してくれましたし、動き・反応ともに抜群に良かったですね。騎乗予定の福永騎手に手伝ってもらったところ、『角馬場で跨った瞬間に、トモの感じや馬っぷりが良く感じましたし、短期間で成長しているなと感じましたよ』と、良い感触を掴んでもらえたようです。前走は流れに乗れていたものの、小回りコースで外々を回る厳しい展開になってしまいましたが、その中でも最後は2着に来てくれたように地力は示してくれました。欲を言えば勝って賞金を加算したかったところでしたが、初めてのスプリント戦としては良い経験になったのは確かです。CBC賞時よりも調子の良さを感じるだけに、後は福永騎手の手綱捌きで、2つ目の重賞制覇へ導いてもらいたいところです」(9/9近況)

助 手 5栗坂稍 59.0- 42.7- 28.1- 14.1 馬なり余力
福 永 8栗坂良 51.0- 37.1- 24.1- 11.9 末強め追う エンプティチェア(古馬3勝)一杯を0.6秒追走0.6秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回中京2日目(09月12日
11R 産経賞セントウルS(G2) 
芝1200メートル 3歳上OP 指定 国際 別定 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ボンボヤージ 牝4 54.0 川須栄彦 
1 2 シャインガーネット 牝4 54.0 鮫島克駿 
2 3 ラウダシオン 牡4 57.0 M.デムーロ
2 4 レッドアンシェル 牡7 56.0 武豊 
3 5 タイセイビジョン 牡4 56.0 石橋脩 
3 6 シャンデリアムーン 牝5 54.0 斎藤新 
4 7 ベストアクター せ7 56.0 富田暁 
4 8 レシステンシア 牝4 54.0 C.ルメール 
5 9 ジャスティン 牡5 57.0 菱田裕二 
5 10 ジャンダルム 牡6 56.0 浜中俊 
6 11 カレンモエ 牝5 54.0 松山弘平 
6 12 メイショウチタン 牡4 56.0 幸英明
7 13 ナランフレグ 牡5 56.0 丸田恭介 
7 14 クリノガウディー 牡5 56.0 岩田康誠 
8 15 ピクシーナイト 牡3 54.0 福永祐一 
8 16 ラヴィングアンサー 牡7 56.0 岩田望来
8 17 シゲルピンクルビー 牝3 52.0 和田竜二

○音無師 「外枠で外々を回らされてもということで、前走は内に入れて差す競馬を。スプリント適性は見せてくれたし、今後につながるいい内容だったと思う。追い切りは追走先着でいい動き。3週続けて併せ馬をして、力を出せる仕上がり。ここで賞金を加算して本番に臨めれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

セントウルS】ピクシーナイト 迫力ボディーで3馬身先着、福永「体つき良くなった」逆転夏王者でG1へ(スポニチより)

サマースプリントシリーズ終戦「第35回セントウルS」の追い切りが8日、東西トレセンで行われ、3歳馬ピクシーナイト(牡=音無)は福永を背に栗東坂路で4F51秒0~1F11秒9の好時計をマーク。併走馬をあっさり3馬身突き放した。CBC賞2着に続く同シリーズ参戦で勝てば逆転優勝となるが、陣営はそれ以上に先の大舞台を見据えている。

出走メンバー最大となる約530キロの馬体には無限の可能性が詰まっている。3歳馬ピクシーナイトの最終追いは福永を背にエンプティチェア(4歳3勝クラス)と併せ馬。迫力満点のボディーを揺らしながら、坂路を力強く駆け上がる。楽な手応えのままラスト1Fで前に出ると、そのままグングン突き放し3馬身先着。4F51秒0~1F11秒9のタイムも文句なしだ。デビューからコンビを組み続ける鞍上は「順調に良くなっているね。体つきもちょっとずつ良くなってきた」と相棒の成長を感じ取る。見守った音無師も「トップスピードに乗るのが速い。時計も出ているし動きは良かった」と満足げだ。

マイル戦のシンザン記念で重賞制覇を飾ったが、陣営は早くからスプリント適性を見抜いていた。待望の千二起用だった前走(CBC賞2着)は日本レコード(1分06秒0)の超高速馬場にも対応。福永は「外枠から差す形になったがスムーズに対応してくれた。前にも行けるスピードはあるし千二、千四の距離ならどんな競馬でもできる」と収穫のある一戦になった。

前走で負かした同世代のヨカヨカ(5着)が続く北九州記念を制覇。鞍上も「十分トップクラスとやり合える力はある」と評価する。2戦2勝の中京に舞台は替わるが「コースはどこでもいい。そういうレベルの馬じゃないから」と相棒への期待の高さを口にした。

サマースプリントシリーズの逆転優勝も懸かる一戦だが、陣営が目指すのはその先だ。鞍上は「G1(10月3日、スプリンターズS)しか見ていない。そういうレベルの馬だと最初から認識していたし、準備もしてきた。インディチャンプもそう。準備すれば何でもできる馬になる」。同じ音無厩舎で自らマイルG1馬に導いた先輩のように、コンビ愛を深めて競馬を教えてきた。

同シリーズはアイビスSD(オールアットワンス)→北九州記念キーンランドC(レイハリア)と3歳馬が3連勝中。その最終戦も3歳馬Vで締めくくり大舞台へ羽ばたく。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

古馬との初対戦+初めてのスプリント戦への出走となった前走のピクシーナイト。超高速決着が予想される中、正直なところ対応できるのかなと不安もあったのですが、控える競馬を試み、その中で道中は内へ入れて距離ロスを避ける形。外々を回っていれば厳しい結果になっていたかもしれないので、ここは福永Jの好判断・好リード。直線も内から勢いよく伸びては来てくれましたが、52キロの勝ち馬は捉え切れず。

まあ、その勝ち馬・ファストフォースは次の北九州記念でも2着に入っているように力はある馬ですし、勝てなかったのは残念でしたが、確かなスプリント能力を示してくれたので、悲観することはないでしょう。

その後はNFしがらきへ放牧に出し、秋の始動戦をここに決定。大目標は3週間後のG1・スプリンターズSとなりますが、今年は出走可のボーダーラインが高いようで、前走で勝ち切れなかったのが響いている様子。ですので、ここは前哨戦というよりも、勝って賞金加算と勢いをつけたい1戦になってきます。

帰厩後のピクシーナイトですが、レース2週前追い切りとなる坂路調教で早速52.9-12.3を馬なりでマーク。結構意欲的に進めているなあと見ていたら、1週前追い切りとなる1日の追い切りでは49.9の自己ベストを叩き出し、それでいてラスト1ハロンは11.9。走りやすい状態なのかもしれませんが、圧巻の内容。そして最終追いは福永Jに跨ってもらい、51.0-11.9(末強め)と余裕を残しつつ、迫力満点の動き。実際、映像を見ましたが、コーナーリングで少しモタついた中、最後に僚馬を突き放し、真一文字に駆け上がっていった姿は1週前よりも良く見えました。また、前走から約2ヶ月ほどしか経っていませんが、筋肉が付いてメリハリのある馬体へと変わってきて、トモにも力強さが出てきたのは大きいようです。

ただ、相手関係に目を遣ると、G1馬で高松宮記念2着のレスステンシア、G1馬のラウダシオン、良血のカレンモエ、幻の高松宮記念馬でここに来て復調してきたクリノガウディーと強敵揃い。スプリンターとしての潜在能力ではヒケは取らないも、ピクシーナイトはまだ3歳馬。前走でも直線でフワッとするところを見せていたので、精神面の幼さ+経験値で見劣るのがどう結果に響いてくるのか。

開幕週なので一般的に外枠は厳しいかと思いますが、トビの大きいピクシーナイトはノビノビ走れそう。また、前回は控える競馬を試みましたが、今回は前走ほど差しに構えないのかなと予想します。出たなりの位置で折り合って、レスステンシアやカレンモエと前後するところで運ぶのかなと。そして直線ではライバルたちを内に押し込め、早めスパートからの押し切りを図って欲しいです。

勿論、ここを勝ち切って、サマースプリント王者の勲章を手にしてG1取りへ向かって欲しいですが、本当に良くなるのは古馬になってからだとも思うので、強い相手に揉まれることで経験を積み、まだまだ成長をし続けれるように怪我することなく進んでいって欲しいです。