焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関東牡馬・トレセン調整組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サリオス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:13日に南Wコースで時計
・次走予定:6月6日の東京・安田記念(G1)・松山J

堀師「先週末にこちらへ戻させていただきましたが、飼い葉もよく食べていますし、健康状態に問題はありません。13日には南Wコースで帰厩後1本目の追い切りを、1勝クラスのノックオンウッドと併せて行いました。道中はサリオスが先行する形を採り、直線で外に進路を取って脚を伸ばすと、最後は同入しています。直線で相手に迫られると、自らグッとハミを取って加速していき、厩舎独自で着けているGPSの数値でラスト1ハロンが11.7秒をマークしているように、終いは想定していたよりもやや速くなってしまいました。ただ、帰厩後1本目ということを考えると、全体的な動きは悪くなかったと思いますし、馬体には太目感はなく、調教後の計測で馬体重は548キロです。この馬のウィークポイントである右トモについては、歩様チェックで以前よりも運びにぎこちなさを感じることから、治療を行うようにしています。今後も丁寧にケアしてバランス改善に努めつつ、安田記念に向けて調整を進めていきたいと思います」(5/13近況)

助 手 13南W良 69.6- 53.6- 39.4- 13.0 馬なり余力 ノックオンウッド(三歳1勝)馬なりの外0.4秒先行同入
助 手 16美坂良 56.0- 41.2- 26.3- 12.7 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:13日に南Wコースで時計
・次走予定:5月23日の東京・芝1600m(川田J)

宮田師「患部に関しては順調に回復していましたから、予定通り先週末に抜糸を行いました。少しまぶたの皮膚が垂れ下がっているものの、言われないと気付かないくらいですし、獣医師も『短期間でここまで回復するとは思わなかった』と驚いていました。そこで、13日に南Wコースで併せて追い切りを行い、道中はセラフィナイトが大きく追走する形から、最後は3歳未勝利馬を相手に頭一つ抜け出して終えています。ゴールを過ぎた後も1ハロンは強めに追っているので、それなりに負荷は掛かったのかなと思います。騎乗者は、『動きは良いけど、息はまだ重たかった』と話していたものの、今日これだけしっかりやったので、来週には中身は整うと見ています。なお、来週の鞍上は川田騎手に依頼しています」(5/13近況)

助 手 8美坂稍 64.3- 46.2- 29.6- 14.9 馬なり余力
助 手 9南W良 56.7- 41.2- 12.5 馬なり余力
助 手 11美坂良 63.6- 46.0- 30.0- 14.8 馬なり余力
助 手 13南W良 68.7- 53.1- 38.7- 12.6 G前仕掛け オリヴィアン(三未勝)馬なりの内1.5秒追走0.1秒先着
助 手 15美坂良 63.8- 46.2- 29.8- 15.0 馬なり余力
助 手 16南W良 57.8- 42.6- 13.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスは安田記念へ向け、トレセンでの追い切りを開始。帰厩後の初時計となった13日の追い切りは余裕を持たせる形で先行しましたが、直線は馬体を接することで気合が入り、マズマズの動き。前走でタフな馬場を走り抜いた精神面のダメージは大丈夫そう。ただ、弱さのある右トモには前走時の目に見えない疲れが残るなど少し気になる点があるようなので、ケアを施しながら、良い方へと導いてもらえればと思います。

右目に痛々しい跡があるセラフィナイトですが、抜糸ができるまでに回復。調教に関しては丹念に時計を出し、動き自体も『ひと追い毎に良化』といったところでしょう。そして最終追いで良い状態へと持っていける筈。鞍上は前走で騎乗が流れた川田Jに決定。同じレースにはロードラスターも出走を予定していますが、実績のある舞台できっちり結果を出して欲しいです。