焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

今回は自己条件に戻るも、人気を集める馬達は重賞での活躍が見込まれ、レースレベルとすれば今回の方が強力。ここも好位追走から粘り込みを図ることになるも、展開は厳しくなりそうですし、前走から更に距離が延びることも良くない。年齢的に大きく崩れてしまうとそろそろ嫌な知らせが届きそう…。★ヴィッセン


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜阪神9R 松籟S(芝3200m)7枠11番 団野J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:24日にCWコースで時計

斉藤崇師「24日にCWコースで追い切りました。先行し、最後の直線で外側に併せて行きましたが、クビ差遅れたものの、ラスト1ハロン12秒2ならよく動いている方だと思います。騎乗した大成(団野大成騎手)は『最後の直線では手前を何度も替えていましたが、促しながらとはいえ、先週よりも反応・動きともに良くなっていますし、このひと追いで態勢が整ったかなと思います』と話していました。さすがに年齢的なズブさは否めませんが、年齢の若いヒンドゥタイムズに対して最後までよく食らいついていたことを考えると、十分だと思いますし、コンディションについても前走と変わりない状態で出走させられそうです。格上挑戦の万葉ステークスでは7着に敗れたものの、淡々とした厳しい展開の中でも見せ場を作ってくれたように、準オープン馬同士なら展開一つで良い競馬をしてくれるはずです。理想としては好位でレースを運んで流れ込むような競馬だと思うので、後はゲートを出てからの感触でレースを運んでもらいます」

助 手 21CW良 73.4- 57.6- 42.4- 13.6 馬なり余力
団 野 24CW良 83.5- 67.2- 52.1- 38.3- 12.2 一杯に追う ヒンドゥタイムズ(古オープン)馬なりの外0.4秒先行クビ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回阪神5日目(02月27日)
9R 松籟S
芝3200メートル 4歳上3勝クラス 混合 ハンデ 発走14:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 シロニイ 牡7 56.0 幸英明
2 2 ララエクラテール 牡9 53.0 中井裕二
3 3 タイセイモナーク 牡5 54.0 和田竜二
3 4 シルヴァーソニック 牡5 55.0 岩田望来
4 5 キタサンバルカン 牡5 56.0 松山弘平
4 6 ハンターバレー 牡5 53.0 荻野極
5 7 シャイニーゲール 牡7 54.0 松若風馬
5 8 メロディーレーン 牝5 54.0 横山和生
6 9 ラクローチェ 牡5 55.0 池添謙一
6 10 シンボ 牡4 54.0 古川吉洋
7 11 ヴィッセン 牡10 55.0 団野大成
7 12 フライライクバード 牡4 56.0 福永祐一
8 13 ディアスティマ 牡4 56.0 北村友一
8 14 セントレオナード 牡5 57.0 武豊

○斉藤崇師 「前走は行ってこの馬のレースができましたが、3角から突かれて厳しくなりました。距離はこなすタイプ。ペース次第です」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年の初戦となった前走は格上の中京・万葉Sへ挑戦したヴィッセン。年齢を重ねて活気が薄れてくる中でブリンカーを深くするなどして走ることに集中させるように。レースは52キロの軽ハンデを生かして先行し、4角を回ってくる時は鞍上の手応えの良さに一瞬ドキッとしたのですが、いざ直線で追われてからグッとひと伸びする余力は残念ながらなく、最後はジリジリ後退。勝負どころから展開が厳しくなったようですが、さすがに3000mは長かった印象です。

その前走から一息入れて臨む今回。ヴィッセンの好走条件は長丁場のハンデ戦なので、陣営はここを狙ってきました。ただ、例年松籟Sは京都の芝2400mで行われてきましたが、今年は阪神に舞台を移しての芝3200m。正直なところ、距離が長いと斉藤崇師らも思っていると思いますが、番組を選びすぎると数を使えなくなってしまいます。長距離輸送を苦にしなければ、まだ選択肢は広がるのですが、年齢・キャリアを重ねても、この課題はクリアできずです。

帰厩後の調教・追い切りに関しては、ヴィッセンとすれば可もなく不可もなく。地味とはいえ、ビシッとやれていますし本数は十分。仕上がりは問題ないでしょう。ただ、ここは3勝クラスの条件戦ですが、フライライクバード・ディアスティマはこれから重賞の舞台での活躍が見込めますし、菊花賞5着の実績がある小柄な牝馬・メロディーレーンの名前も。相手はかなり強力ですし、ヴィッセンと似た逃げ・先行タイプ。距離への不安もあるだけに、展開的に厳しくなる(直線で失速)ことでしょう。

斉藤崇厩舎はクロノジェネシスなどNFの期待馬が多くなってきている反面、戦力的に足りない馬は新規開業する厩舎へ割り振りされてもいます。ヴィッセンは年齢を考えるとこれからの転厩はないでしょうが、結果が良くないとそろそろ淘汰されることになりそう。1戦でも多く現役を続けて欲しい気持ちは勿論強いですが、引退という言葉がそろそろ出てくることは覚悟しています。