焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

前走は肝心のデキも一息だったと思うも、ここに来てズブさが目立ってきて、ピリッとせずにモタモタした動きが目立つ。52キロのハンデは魅力も、ここは格上挑戦の1戦。失速を恐れずに自分から仕掛けていって、見せ場は作って欲しい。★ヴィッセン

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

火曜中京10R 万葉S(芝3000m)2枠2番 北村友J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:2日にCWコースで時計

斉藤崇師「2日にCWコースで追い切りました。レースに騎乗する北村友Jに感触を確かめてもらいましたが、手応えほど伸び切れなかったものの、この馬なりに最後までよく動けていたと思います。北村友Jは『4コーナーまでは良い感じで運べていましたが、最後の直線で仕掛けに入ると、手応えほど伸びてくれませんでしたね。でも、馬の雰囲気は良かったですし、長く使える脚を上手く活かせるレースをしたいと思います』と話していました。レースでも良い感じに運べても切れる脚は使えないことを伝えているので、これまで通り好位でレースを運んで流れ込むような競馬をしてもらいたいと思います。ここ最近はあまり二の脚が付かず、思うようなレースが出来ていませんが、3000mの距離に加えて52キロの斤量で出走できますし、この条件で良い走りを期待したいですね」(1/4近況)

団 野 30CW重 85.6- 69.9- 55.4- 41.3- 12.7 馬なり余力 リュヌルージュ(古オープン)馬なりの内同入

北村友 2CW良 83.2- 67.0- 52.3- 38.7- 12.7 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中京1日目(01月05日)
10R 万葉S
芝3000メートル 4歳上OP 特指 国際 ハンデ 発走15:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 キングニミッツ 牡8 52.0 小崎綾也
2 2 ヴィッセン 牡10 52.0 北村友一
3 3 サンデームーティエ せ7 52.0 酒井学
3 4 レイホーロマンス 牝8 51.0 団野大成
4 5 アドマイヤアルバ セ6 53.0 岩田望来
4 6 タイセイトレイル 牡6 55.0 坂井瑠星
5 7 ゴースト セ5 54.0 鮫島克駿
5 8 プリンスオブペスカ 牡7 54.0 森一馬
6 9 バラックパリンカ 牡5 54.0 斎藤新
6 10 アイファーキングズ 牡5 54.0 吉田隼人
7 11 アンティシペイト 牡4 53.0 福永祐一
7 12 ブラックホール 牡4 55.0 藤岡佑介
8 13 ナムラドノヴァン 牡6 51.0 高倉稜
8 14 ステイブラビッシモ セ8 52.0 幸英明

○斉藤崇師 「明けて10歳。さすがにスタートからの行きっぷり、道中の唸っていく感じが薄らいでいますが、今回は3000メートル。ゆったりとしたペースで良さが出ればと思います」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5ヶ月充電期間を経て出走した前々走の京都・古都Sは前々で渋太さを生かせない中で5着に食い込む頑張りを見せたヴィッセン。ひと叩きした前走では更なる前進を期待したのですが、道中の行きっぷりが怪しく、勝負どころで促された際は反応するも、勢いが持続出来ずによもやの大敗。

敗因とすればブリンカーの効きが弱くなっている、肝心の状態が一息だったという点をあげることが出来ると思います。どちらも正解だと思いますが、後者の方が足を引っ張ることになったのかなと見ています。

その後はNFしがらきで再調整。思いのほか順調に回復が進んだので、斉藤崇師は次のターゲットとして格上挑戦の万葉Sをチョイス。1頭ずつよく考えてレース選択をしてくれているのは率直に嬉しいです。そして除外になることなく、10歳としての競走生活をスタートさせることになりました。

帰厩後は淡々と追い切りを重ねていますが、元々攻めは地味なタイプですが、以前よりもピリッとした感じが薄れた印象。引き続き、モタモタしたところが窺えるようです。さすがにこの年齢になってくると走ることへの気持ちが薄くなっても仕方ありません。

52キロのハンデ+昨年末の有馬記念を制した鞍上を迎え、ヴィッセンの意外性を発揮してくれることに淡い期待を持ちつつ、格上挑戦の身ですから、失速することを恐れずに早めに自分から仕掛けていって、まずは見せ場を作って欲しいです。