焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

直線で追われてからの伸びには不満はあるも、正攻法の競馬で3着と立て直した効果は十分。未勝利突破へメドを立てる。☆アリーヴォ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ(牡・杉山)父ドゥラメンテエスメラルディーナ

日曜阪神4R 2歳未勝利(芝2000m)3着(3番人気) 西村淳J

まずまずのスタートからそのまま好位2番手に控えます。残り800mで先頭に並び掛け、最後の直線で懸命に追われますが、ジリジリとしか伸びず3着でゴールしています。

杉山調教師「トモにまだ頼りなさを残していますが、肩周りに筋肉がついて、メリハリのある体つきになってきたなと感じました。芝なら初戦のようなフワフワするところは見られなかったですし、良いリズムで進めることが出来たと思います。ただ、最後の直線ではトモの踏ん張りが甘く、頭の高いフォームでしたね。でも、2戦目でこれだけ変わってくれたのですから、成長していけばもっと良い走りをしてくれるようになるでしょう。西村淳也騎手は『レースに向かう前は少しファイトし過ぎていましたが、いざレースに行くとムキになることもなく、最後まで一生懸命走ってくれました。現状は平坦小回りコースの方がレースはし易いかもしれません』と話していました。優先出走権を獲りましたが、レース後の状態や馬の雰囲気を確かめてから続戦させるかどうするか検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

杉山師「年末年始は軽めの調整で様子を見ていましたが、レースの疲労が取れるのに少し時間が掛かっていますね。それだけレースで一生懸命走った証拠だと思いますし、2戦目であれだけ良い走りを見せてくれたのですから、ここで無理させるよりは、一旦牧場へ戻してコンディションを整えてあげる方が馬のためには良いと思います。次走も同じような条件に出走させたいと考えていますが、具体的な番組は牧場で状態を確認しながら決めていきたいと思います」(1/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中京のダートでのデビュー戦は砂を被ってフワフワした走りになり、大した見せ場もなく11着に敗れていたアリーヴォ。その後、NFしがらきで心身の成長を促されましたが、その甲斐あって、馬の雰囲気が良化。追い切りの動き自体が変わってきていたので、2戦目の今回でどこまで変わってきてくれるのかなと期待を持って、レースを見守っていました。

パドックに登場したアリーヴォはプラス8キロでの出走。増えた分は成長分だと思いますし、まだまだ華奢な面が目立つので、もっと増えていいぐらい。1度実戦を経験して煩い面が出てくるかなと見ていましたが、問題ない範囲だったと思います。

レース内容に関してですが、ゲートと二の脚はさほど速くなかったですが、外枠のショウナンアイビーがハナを主張したぐらいで緩やかな流れ。最内枠でロスなく走れていたアリーヴォと西村淳Jはそれならと遅れてハナを主張するも、無理な競り合いは避け、1角でショウナンを先に行かすことに。出していったことで掛からないか心配でしたが、少し行きたがる程度で問題なかったと思います。

道中、隊列が落ち着いた割に流れたと思いますが、アリーヴォはしっかり2番手をキープ。勝負どころからのペースアップにも軽く促す程度で鞍上の手応えは上々。ただ、早目に1番人気のジャックドールが外から被せにきたことでアリーヴォも早めにエンジンを吹かせつつ、内から抵抗しました。

ただ、パワーで勝るジャックドールが直線で先頭に躍り出ると、内から差し返すような脚は残っておらず。そしてアリーヴォとジャックドールのつばぜり合いを後ろでじっと我慢していたハッピーオーサムが満を持して差し込むと、1頭違う脚で抜けて行きました。2頭に交わされたアリーヴォは最後の坂で脚は上がっていましたが、何とか4着馬シャンブルの追撃を封じることには成功。追ってからの脚には物足りなさを感じましたが、正攻法の競馬でこれだけやれれば、上々といって良いかと思います。勝手なイメージですが、これぐらいの先行力を見せてくれれば、小倉の芝1800mはピッタリかなと思います。

レース後のアリーヴォですが、折角、優先権を確保できたので続戦で調整を進めていましたが、一生懸命走ってくれたことでレース後の回復がスロー。ここは無理をせず、牧場へ戻して、状態を整えることになりました。NFしがらきの馬房の都合が付き次第、移動することなります。

今後は詰めの甘さが課題になりそうですが、五分に近いスタートから立ち回りの上手さを見せてくれたアリーヴォ。これなら大崩れはないと思うので、次走は直線平坦の小倉開催に狙いを定め、3戦目での勝ち上がりを決めてもらいたいです。平凡なデビュー戦からしっかり変わってくれて、正直ホッとしています。