焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【近況】【競走馬名決定】アプリシティー


f:id:yakifish:20200513045835g:plain アプリシティー(牡・尾関)父ディープインパクト 母イルーシヴウェーヴ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター1800m、週1回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き坂路ではハロン15秒ペースまで脚を伸ばしており、スピード感溢れる走りで登坂することが出来ています。周回コースでは長めの距離を乗り込んでいることでスタミナも強化され、内臓面の向上も窺えますし、乗り進めて行っても気性面が穏やかなのは良いですね。しかし、トモの緩さは解消されてきているものの、どうも前だけで走ろうとしているので、体を使えずフォームが安定してきません。動きだけ見ればペースアップも可能と見ていますが、正しいフォームが固まっていない段階で負荷を掛けると脚元に疲れが出てくることになりかねませんので、しっかり修正して次のステップへ行きたいですね。馬体重は460キロです」(2/1近況)

※競走馬名が決定しました。(5日・最新情報より)

競走馬名:アプリシティー
欧字表記:Apricity
意味由来:太陽の温もり

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アプリシティーに競走馬名が決まったイルーシヴウェーヴの19。調教内容は先月と大きく変わってはいませんが、継続して乗り込むことが出来ているのは○。血統馬ながら、意外と体力を備えているかもしれません。ただ、調教動画を見ると、首に力が入っていてハミ受けが不安定。ガツンと行きたがってしまうところが見受けられます。

脚捌きは悪くないと思うので、緩やかなペースでの調教で首をリズミカルに使って走れるように取り組んで欲しいです。ネックストレッチなど矯正する馬具を付けるのも一案でしょう。